>> Google Books
QRコード(所蔵情報)

刑法理論の現代的展開

フォーマット:
図書
責任表示:
宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 成文堂, 2000.5
形態:
vi, 500p, 図版1枚 ; 22cm
著者名:
宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会  
シリーズ名:
宮澤浩一先生古稀祝賀論文集 / 宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会編 ; 第2巻 <BA47003731>
目次情報:
刑罰の正当性の根拠をめぐって 斉藤誠二著
「死刑存廃論」の人道的刑事政策論的再検討 : 代替刑による廃止か世論重視の存置か 加藤久雄著
刑罰謙抑主義の憲法的基礎 萩原滋著
刑法における法発見の限界 : ドイツの判例を手がかりとして 川添誠著
客観的処罰条件論の行方 : ガイスラー『客観的処罰条件の責任原理との調和の可能性』に接して 松原芳博著
フォイエルバッハの帰責論 小名木明宏著
フランス犯罪論体系の素描 末道康之著
客観的帰属論の類型論的考察 : 山中教授の危険実現連関論を中心として 曽根威彦著
ドイツにおける間接正犯論の新展開 : 客観的帰属論の応用 岡上雅美著
自殺--違法か、適法か、それとも何か : 自殺関与・同意殺人罪の処罰根拠と「法的に自由な領域」の理論 上田健二著
緊急避難の本質をめぐって 井田良著
義務の「衝突」に関する一考察 : ドイツの義務衝突論における近時の動向をめぐって 勝亦藤彦著
責任主義 吉田敏雄著
精神障害と責任能力 : 主として多重人格障害について 野阪滋男著
実行行為開始後の心神喪失・耗弱について 浅田和茂著
「原因において自由な行為の法理」の有用性について : ドイツ連邦通常裁判所判決を素材として 中空壽雅著
不能犯論における危険判断 日高義博著
中止犯の減免根拠に関する考察 山中敬一著
刑罰の正当性の根拠をめぐって 斉藤誠二著
「死刑存廃論」の人道的刑事政策論的再検討 : 代替刑による廃止か世論重視の存置か 加藤久雄著
刑罰謙抑主義の憲法的基礎 萩原滋著
刑法における法発見の限界 : ドイツの判例を手がかりとして 川添誠著
客観的処罰条件論の行方 : ガイスラー『客観的処罰条件の責任原理との調和の可能性』に接して 松原芳博著
フォイエルバッハの帰責論 小名木明宏著
続きを見る
書誌ID:
BA47004031
ISBN:
9784792315276 [4792315271]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

宮澤浩一先生古稀祝賀論文集編集委員会

成文堂

内藤, 謙(1923-), 板倉, 宏(1934-)

有斐閣

井田, 良(1956-), 川口, 浩一, 葛原, 力三, 塩見, 淳(1961-), 山口, 厚(1953-), 山名, 京子

成文堂

内田文昭先生古稀祝賀論文集編集委員会, 北野, 通世, 曽根, 威彦(1944-), 城下, 裕二(1960-), &hellip;

青林書院

西原春夫先生古稀祝賀論文集編集委員会

成文堂

平場, 安治(1917-)

有斐閣

光藤景皎先生古稀祝賀論文集編集委員会

成文堂

八木, 国之(1922-), 朝倉, 京一(1923-)

法学書院

三原憲三先生古稀祝賀論文集編集委員会

成文堂

河上和雄先生古稀祝賀論文集刊行会

青林書院

浅田, 和茂(1946-), 葛野, 尋之, 後藤, 昭(1950-), 高田, 昭正(1950-), 中川, 孝博(1969-)

法律文化社