>> Google Books
QRコード(所蔵情報)

気候変動政策の社会学 : 日本は変われるのか

フォーマット:
図書
責任表示:
長谷川公一, 品田知美編
言語:
日本語
出版情報:
京都 : 昭和堂, 2016.7
形態:
xix, 270, vp : 挿図 ; 19cm
著者名:
長谷川, 公一(1954-) <DA07242609>
品田, 知美(1964-) <DA14578199>
Broadbent, Jeffrey, 1944- <DA1142061X>
佐藤, 圭一(1984-) <DA18573368>
喜多川, 進 <DA18164697>
池田, 和弘(1977-) <DA18001568>
辰巳, 智行 <DA18573379>
中澤, 高師 <DA1857338X>
野澤, 淳史 <DA18573404>
藤原, 文哉 <DA18573426>
続きを見る
目次情報:
世界のなかの日本 : 気候変動対策の政策過程 ジェフリー・ブロードベント, 佐藤圭一 [執筆]
環境研究における学問間の連携 喜多川進 [執筆]
政策形成に関わるのは誰か : 政策体系を生み出してきたメカニズム 佐藤圭一 [執筆]
ネットワーク分析とブロック・モデリング 佐藤圭一 [執筆]
メディアはどう扱ってきたか : 新聞と出来事を織り込む 池田和弘 [執筆]
環境の課題と機能分化社会 池田和弘 [執筆]
規制的政策はどう制度化されたのか : 環境税をめぐる言説ネットワークの変容 辰巳智行, 中澤高師 [執筆]
エコロジー的近代化 中澤高師 [執筆]
産業界の自主的取り組みという気候変動対策の意味 野澤淳史 [執筆]
環境正義 野澤淳史 [執筆]
気候変動問題はいかに原子力と連結されたのか 品田知美 [執筆]
リスク社会論は「リスク科学」とどう違うか 品田知美 [執筆]
温暖化懐疑論はどのように語られてきたのか 藤原文哉, 喜多川進 [執筆]
環境政策と政治 : 保守陣営による環境政策推進とその背景 喜多川進 [執筆]
日本は気候変動と戦っているのか : 国際貢献と戦後日本的対応の意味論 池田和弘 [執筆]
大きな物語より小さな思考の積み重ねを 池田和弘 [執筆]
脱炭素社会への転換を : パリ協定採択を受けて 長谷川公一 [執筆]
世界のなかの日本 : 気候変動対策の政策過程 ジェフリー・ブロードベント, 佐藤圭一 [執筆]
環境研究における学問間の連携 喜多川進 [執筆]
政策形成に関わるのは誰か : 政策体系を生み出してきたメカニズム 佐藤圭一 [執筆]
ネットワーク分析とブロック・モデリング 佐藤圭一 [執筆]
メディアはどう扱ってきたか : 新聞と出来事を織り込む 池田和弘 [執筆]
環境の課題と機能分化社会 池田和弘 [執筆]
続きを見る
書誌ID:
BB21506133
ISBN:
9784812215531 [4812215536]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 図書 気候変動論

住, 明正(1948-)

岩波書店

Svensmark, Henrik, Calder, Nigel, 1931-, 桜井, 邦朋(1933-), 青山, 洋(1966-)

恒星社厚生閣

2 図書 気候変動論

住, 明正

岩波書店

Intergovernmental Panel on Climate Change, 気象庁

中央法規出版

Burroughs, William James, 松野, 太郎(1934-), 大淵, 済, 谷本, 陽一, 向川, 均

シュプリンガー・フェアラーク東京

中島, 清隆

北海道大学出版会

日経ナショナルジオグラフィック社, 日経BPマーケティング (発売)

林, 超英, 張, 淑儀(1962-)

文芸社

鈴木, 秀夫(1932-)

大明堂

古家, 淳(1961-), 阿久根, 優子(1975-), 小林, 慎太郎, 合崎, 英男(1972-), 徳永, 澄憲(1952-), 沖山, 充(1955-), 池川, 真里亜, 國光, 洋二(1959-), 工藤, 亮治

国際農林水産業研究センター, 養賢堂 (発売)

Klein, Naomi, 1970-, 幾島, 幸子(1951-), 荒井, 雅子(1960-)

岩波書店

Schneider, Stephen Henry, 1945-, 内藤, 正明(1939-), 福岡, 克也(1930-)

ダイヤモンド社