Blank Cover Image
QRコード(所蔵情報)

方丈記 ; 徒然草

フォーマット:
図書
責任表示:
日本文学研究資料刊行会編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 有精堂出版, 1971.7
形態:
3, 321p ; 22cm
著者名:
日本文学研究資料刊行会 <DA00131905>  
シリーズ名:
日本文学研究資料叢書 <BN00108272>
目次情報:
大福光寺本方丈記解説 山田孝雄[著]
方丈記研究序説 簗瀬一雄[著]
方丈記序論 永積安明[著]
方法論的にみた方丈記の作品研究 西尾実[著]
「方丈記」批判 : 抒情文学としての規定 菅原真静[著]
方丈記について 永積安明[著]
永積氏の「方丈記と徒然草」を読んで 石母田正[著]
方丈記の思想と文体 伊藤博之[著]
方丈記私論 : 「構造と意味」「叙実と抒情」 佐々木八郎[著]
広本方丈記と略本方丈記 細谷直樹[著]
「不請阿弥陀仏」私見 : 方丈記跋文の解釈をめぐって 山田昭全[著]
危機の文学としての方丈記論 舟橋聖一[著]
徒然草の成作時期考 高乗勲[著]
徒然草本文批評小論 飯野竹男[著]
徒然草成立論の現況について 小山敦子[著]
兼好の遁世生活とつれづれ草の成立 安良岡康作[著]
つれづれ草のつれづれ 野村宗朔[著]
「つれづれ草のつれづれ」を読んで 橘純一[著]
『徒然草』の思想を論ず 斎藤勇[著]
徒然草の鑑賞 吉村冬彦[著]
新訳徒然草の初めに 与謝野晶子[著]
郁達夫と徒然草選訳 近藤春雄[著]
家司兼好の社会圏 : 徒然草創作時の兼好を彫塑する試み 風巻景次郎[著]
兼好法師 村田正志[著]
兼好法師の冤罪 高木武[著]
兼好研究の一コマ 神田秀夫[著]
晩年の兼好法師 金子金治郎[著]
卜部兼好書状の考察 : 兼好と後二条帝 林瑞栄[著]
兼好の周辺 鎌田元雄[著]
兼好の周辺(補遺) 鎌田元雄[著]
歌人としての兼好論序説 : 兼好自撰家集を中心として 荒木尚[著]
兼好の古今受講について : 細川文庫蔵三条西実隆本『古今和歌集』奥書の報告 田中道雄[著]
大福光寺本方丈記解説 山田孝雄[著]
方丈記研究序説 簗瀬一雄[著]
方丈記序論 永積安明[著]
方法論的にみた方丈記の作品研究 西尾実[著]
「方丈記」批判 : 抒情文学としての規定 菅原真静[著]
方丈記について 永積安明[著]
続きを見る
書誌ID:
BN00987548
ISBN:
9784640300294 [4640300298]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

國民文庫刊行會, 鴨, 長明(-1216), 吉田, 兼好(1283-1350), 橘, 成季

國民文庫刊行會

鴨, 長明(-1216), 吉田, 兼好(1283-1350), 西尾, 実(1889-1979)

岩波書店

鴨, 長明(-1216), 吉田, 兼好(1283-1350), 佐竹, 昭広(1927-), 久保田, 淳(1933-)

岩波書店

島内, 裕子

放送大学教育振興会

三木, 紀人(1935-)

集英社

島尾, 敏雄(1917-1986), 堀田, 善衛(1918-1998)

世界文化社

冨倉, 徳次郎(1900-1986), 貴志, 正造(1918-1980)

角川書店

鴨, 長明(-1216), 吉田, 兼好(1283-1350), 神田, 秀夫(1913-), 永積, 安明(1908-1995)

小学館

三木, 紀人(1935-)

尚学図書

11 図書 徒然草

吉田, 兼好(1283-1350), 長尾, 剛(1962-), 若菜, 等, Ki

汐文社

冨倉, 徳次郎(1900-1986)

角川書店

12 図書 徒然草