Blank Cover Image

大型(並列)計算機を用いたクォーク閉じ込め機構の研究

フォーマット:
論文
責任表示:
鈴木, 恒雄 ; Suzuki, Tsuneo
言語:
日本語
出版情報:
1997-03
著者名:
掲載情報:
平成8(1996)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 1996 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
1994-1996
開始ページ:
20p.
バージョン:
author
概要:
研究計画に沿って、大型(並列)計算機を用いたモンテ・カルロ・シミュレーションでQCDにおけるクォーク閉じ込めの機構の研究を進めてきた。我々は、アーベリアン射影をすると生じる磁極子(モノポール)が凝縮をおこしてカラー荷電粒子(クォーク、グルオン)を閉じ込めるという考えで研究している。研究成果の概要は以下のようである。(1) pure SU (2) QCDに対してmonopole actionのcouplingを正確に調べた。その結果、このactionがfixed length abelian Higgs model, Villain like modelやstring modelに変形できることがわかり、物理的なstring tensionとconsistentな結果を与えることが示された。(2) SU (3) pure gauge theoryのeffective actionを求めた。SU (2) QCDと同様にmonopole凝縮が示された。(3)有限温度のpure SU (2) QCDにおいて、monopole actionに基づいて有限温度相転移のorder parameterを調べた。その結果、空間サイズが無限大の極限でこのoperatorがorder parameterになることを支持する結果が得られた。(4)有限温度SU (2) QCDにおいて、Polyakov loopを用いて相転移の臨界指数を求めた。abelian成分のみで定義したPolyakov loopと、monopole (Dirac string)で書かれたPolyakov loopは,ともにSU (2) Polyakov loopから求めたものと同じ臨界指数を与えることがわかった。(5) 2つの新しいabelian dominanceおよびmonopole dominanceが示す新しいゲージを発見した。引き続き一般のゲージで調べている。(6)モノポール凝縮と非閉じ込め相転移の関係をはっきりさせることを試みた。(7) full QCDの計算を行い、abelian & monopole dominanceを小さい格子ではあるが確かめた。これも続いている。これらの結果は、Lattice′94-′96の国際会議で発表された。<br />1) Block spin transformation on the dual lattice has been done in SU (2) QCD.The monopole action obtained takes a simple form composed of self and Coulomb interaction terms in the long range region. The action can be transformed exactly into those of the dual Ginzburg-Landau model, the Villain-like compact QED and the string model. Physical string tension can be reproduced quite well.2) The effective abelian monopole action can be derived also in SU (3) QCD.Monopole condensation is shown to occur.3) Disorder parameter of confinement can be constructed using the monopole action obtained. This is the first result derived exactly from the effective abelian action of QCD.4) Critical exponents of Polyakov loops and its correlators have been evaluated using finite-size scaling method. Polyakov loops written in terms of abelian link field and also in terms of monopole contribution give almost the same critical exponents of three types. Abelian and monopole dominance can be shown quantitatively.5) Two new gauges showing abelian and monopole dominances have been found. One is to minimize abelian action and the other is to minimize abelian monopole density. Both reproduce about the same physical results as in the maximally abelian gauge. The study in general gauges is in progress.6)Finite-temperature phase transitions of SU (2) and SU (3) QCD have been studied in terms of monopole condensation.7)Study of full QCD has been done. Abelian and monopole dominances are shown to occur also in full QCD,although the lattice size is too small and quark mass is not small enough. The study is still in progress.<br />研究課題/領域番号:06452028, 研究期間(年度):1994-1996<br />研究機関: 金沢大学理学部 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00048854

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

鈴木, 恒雄, Suzuki, Tsuneo

鈴木, 恒雄(1943-)

[鈴木恒雄]

鈴木, 恒雄

金沢大学理学部

鈴木, 恒雄

素粒子論グループ 素粒子研究編集部

鈴木, 恒雄(1943-)

[鈴木恒雄]

大野, 成義(1962-)

大野成義