Blank Cover Image

細胞増殖因子の発現と局在に関する組織化学的研究

フォーマット:
論文
責任表示:
井関, 尚一 ; Iseki, Shoichi
言語:
日本語
出版情報:
1996-03
著者名:
掲載情報:
平成7(1995)年度 科学研究費補助金 一般研究(C) 研究成果報告書 = 1995 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
1994-1995
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
ラット全身における各種の増殖因子の発現・局在部位を形態学的に明らかにするため、増殖因子に対する抗体を用いた光顕および電顕的組織化学、また増殖因子のmRNAに対するDNAプローブを用いた遺伝子組織化学(in situハイブリダイゼーション法)を用いて研究を行い、以下の結果を得た。ラット顎下腺において、これまで報告された各種増殖因子以外に新たに肝細胞増殖因子(HGF)が発現していること、その局在部位は顆粒性導管細胞の文筆顆粒であることがわかった(論文1、3)。電子顕微鏡レベルのi n situハイブリダイゼーション法の試みとして、ラット顎下腺の顆粒性導管細胞について、35SでラベルしたEGFのプローブと反応後、包埋して超薄切片をつくり、電顕オートラジオグラフィーで検出した。その結果、この方法はmRNAの細胞内局在を検出する目的よりもmRNAを発現する細胞の電顕による同定の目的に有効であることがわかった(論文2、4)。酸性線維芽細胞増殖因子(aFGF)に対する抗体により、ラット膵臓のグルカゴンを産生するA細胞と、腸管粘膜上皮に散在するグルカゴン様ペプチドを産生するL細胞が免疫染色された。この結果は、グルカゴン前駆体を発現する内分泌細胞が特異的にaFGFを産生することを示した(論文5)。血管増生および血管透過性上昇をおこすことで知られる血管内皮増殖因子(VEGF)のラット組織における発現と局在を調べた。ラットの顎下腺は正常ではVEGFをわずかしか発現しないが、動物にイソプロテレノールを投与して顎下腺の増殖刺激を行うと、腺房細胞での一過性の著しいVEGF発現の増加がおこった。この結果は、顎下腺腺房細胞の増殖機構とVEGF産生との間に何らかの関係があることを示した(論文作成中)。<br />We have used both immunohistochemistry and in situ hybridization techniques to determine the sites of localization of immunoreactivity and mRNA signal of various growth factors in the entire rat body, and have obtained the following results :The expression of hepatocyte growth factor (HGF) was demonstrated in the submandibular gland of rats. Both the mRNA signal and immunoreactivity for HGF were localized to the epithelial cells of granular convoluted tubules. This finding added HGF to the list of many growth factors produced in the rodent submandibular gland.As an attempt for the electron microscopic in situ hybridization, the cryostat sections of rat submandibular gland were first treated for in situ hybridization with ^<35>S-labelled EGF probe and then embedded in epoxy resin for electron microscopic radioautography. The result suggested that this method is more useful for identifying morphologically the type of mRNA-positive cells than determining the subcellular localization of mRNA.An immunohistochemical study using an antibody against acidic fibroblast growth factor (aFGF) revealed that subpopulations of endocrine cells in the pancreas and small intestinal mucosa are positively immunostained in their secretory granules. This result suggested that an aFGF-like substance is produced by the cell populations that express glucagon-precursor.The expression of vascular endothelial growth factor (VEGF) is very low in the normal rat submandibular gland. However, a stimulation of submandibular gland to grow by isoproterenol caused a transient rise in the rate of expression of VEGF in this organ that peaked at 1 h after the stimulation. The mRNA was localized to the acinar cells. This result suggested a certain relation between isoproterenol-induced growth of submandibular gland and VEGF effects on the blood vessels.<br />研究課題/領域番号:06670014, 研究期間(年度):1994-1995<br />研究機関: 金沢大学医学部 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00048960

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

井関, 尚一(1952-)

[井関尚一]

井関, 尚一, Iseki, Shoichi

Wakayama, Tomohiko, Iseki, Shoichi, 若山, 友彦, 井関, 尚一

Acta histochemica et cytochemica = 日本組織細胞化学会

Wakayama, Tomohiko, Mizushima, Seiichi, Hirose, Jiro, Iseki, Shoichi, 若山, 友彦, 井関, 尚一

Acta histochemica et cytochemica = 日本組織細胞化学会

井関, 尚一(1952-)

[井関尚一]

山本, 美由紀, 井関, 尚一

日本組織細胞化学会