Blank Cover Image

重症筋無力症自己抗体と免疫抑制薬が筋細胞遺伝子発現に及ぼす影響に関する研究

フォーマット:
論文
責任表示:
吉川, 弘明 ; Yoshikawa, Hiroaki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学保健管理センター, 2008-03
著者名:
掲載情報:
平成18(2006)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2006 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
2004-2006
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
重症筋無力症(myasthenia gravis, MG)は、神経筋接合部シナプス後膜上のアセチルコリン受容体(acetylcholine receptor, AChR)に対する自己免疫疾患であると考えられてきた。MGの臨床的特徴の一つとして、胸腺異常を高率に合併することがあげられる。約90%のMG患者で胸腺の異常があり、その約80%が胸腺過形成、20%が胸腺腫である。胸腺腫合併MGは非合併MGと異なり、難治性(ステロイドの減量が難しい)であることが知られている。我々は、胸腺 腫合併MGの免疫学的異常を明らかにするために、血清中のAChR抗体、サイトカインならびに抗サイトカイン抗体を測定した。AChR抗体の測定は免疫沈降法、サイトカインの測定にはELISA、そしてサイトカイン抗体の測定には我々が開発したELISA変法を用いた。その結果、Interleukin(IL)-12 p70抗体はMG合併の有無にかかわらず胸腺腫合併例で上昇していた。しかし、IL-12 p40ならびにIL-12 p40抗体は胸腺腫合併MG例のみで上昇していることがわかった。さらに、我々は興奮収縮連関(E-C coupling)に関連するリアノジン受容体(ryanodine receptor, RyR)に対する自己抗体測定系も新規に開発した。この方法は合成ペプチドではなく全リアノジン受容体タンパクに対する抗体を測定できるもので、感度・特異度共にこれまでの測定系に比べて優れていることが証明された。この方法を用いてMG患者血清をスクリーニングすることにより、MGは単にAChR抗体により、神経筋接合部のシナプス伝達障害が起こる病気ではなく、その一部(胸腺腫合併例)はさらにE-C couplingを同時に障害することにより骨格筋め収縮をも障害する疾患である可能性が高くなった。すなわち、MGの筋力低下、易疲労性は神経筋伝達障害のみならず筋収縮の障害が関与している可能性が示された。<br />Myasthenia gravis (MG) is thought to be a disorder targeting at the acetylcholine receptor (AChR) on postsynaptic membrane of neuromuscular junction (NMJ). One of clinical characteristics of MG is high prevalence of thymic abnormality as high as 90% of patients. About 80% of patients have thymic follicular hyperplasia and 20% have thymoma. The patients with thymoma are refractory to therapy, i.e., they need to receive high amount of steroid for treatment. We measured AChR antibody, cytokines and antibodies against cytokines for studying the autoimmunity of MG patients with thymoma. For measurement of AChR antibodies, we used immunoprecipitation method. For measurement of cytokines, enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) was applied. For measurement of antibodies against cytokines, the modified ELISA was utilized. As a result, antibodies against interleukin (IL)-12 p70 were high in patients with thymoma with or without MG. IL-12 p40 and anti-IL-12 p40 antibodies elevated in sera from MG patients with thymoma. Additionally, we developed assay system for detecting antibodies against ryanodine receptor (RyR) that have a role in excitation-contraction (E-C) coupling of skeletal muscle. The method use whole protein of RyR instead to synthetic peptide, and is more sensitive and specific than ELISA system using synthetic peptide. Using detection system for RyR antibodies, we found that a group of MG patients with thymoma have autoantibodies against both AChR and RyR. Therefore, the pathological targets of MG patients with thymoma are synaptic transmission (AChR) and E-C coupling (RyR).<br />研究課題/領域番号:16590818, 研究期間(年度):2004-2006 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049422

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

吉川, 弘明, Yoshikawa, Hiroaki

金沢大学保健管理センター

Maruta, Takahiro, Yoshikawa, Hiroaki, Fukasawa, Shuichi, Umeshita, Sho, Inaoka, Yoshihiro, Edahiro, Shigeki, Kado, &hellip;

Elsevier

吉川, 弘明, Yoshikawa, Hiroaki

金沢大学保健管理センター

Maruta, Takahiro, Yoshikawa, Hiroaki, Fukasawa, Shuichi, Umeshita, Sho, Inaoka, Yoshihiro, Edahiro, Shigeki, Kado, &hellip;

Elsevier BV

吉川, 弘明, Yoshikawa, Hiroaki

金沢大学保健管理センター

高守, 正治

金沢大学十全医学会

吉川, 弘明, 佐藤, 勝明, 高守, 正治

日本内科学会 = Japanese Society of Internal Medicine

厚生省特定疾患重症筋無力症調査研究班

厚生省

岩佐, 和夫, Iwasa, Kazuo

金沢大学医薬保健研究域医学系