Blank Cover Image

チンパンジーを用いた血液浄化法によるC型肝炎ウイルス除去の試み

フォーマット:
論文
責任表示:
金子, 周一 ; Kaneko, Shuichi
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医学部, 2000-03
著者名:
掲載情報:
平成11(1999)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 1999 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
1998-1999
開始ページ:
8p.
バージョン:
author
概要:
C型慢性肝炎の患者血清中に存在するC型肝炎ウイルス(HCV)は、血清中では抗体が結合して比重の重いHCV画分とfreeのウイルス粒子として存在する比重の軽い画分に分類できること、それらの存在様式とインターフェロンによる効果には関連があることを報告した。とりわけ抗体と結合して存在するウイルス画分が少ない症例が、抗ウイルス効果が高かった。このように血液中に存在するこのウイルス画分を除去することによって抗ウイルス効果が得られる可能性が得られ、今回の研究の有効性を示唆した結果であった 。また肝臓においてのHCVの存在様式を検討した。肝疾患が進行するに従い、HCVの変異も増加していること、また進行した肝疾患ではHCVの増殖が限られた範囲(compartment)で限られておきるようになることを報告した。肝臓には流血中のウイルスと異なる種類のウイルスが存在する可能性が示され、血液浄化療法を用いたウイルス除去を検討するうえで重要な知見が得られた。こうして存在する抗体と結合しているウイルス画分をのぞくことを目的としてカラムによる血液委浄化療法の可能性を検討した。バッチ法、ミニカラム法にて基礎検討を行った。除去に必要な吸着体量や流量が検討され、またHCVと結合している抗体の吸着率に優れた吸着体を得た。もっとも適した吸着剤を用いてC型肝炎ウイルス量の多い2匹のチンパンジーを用いて、三和化学(株)のチンパンジー飼育施設において血液浄化療法を行った。2匹とも循環・呼吸動態や腎機能に変動なく、血液生化学の変化も一過性であり安全に血液浄化療法を行うことができた。また術後も感染症等の副作用の発現はみられなかった。抗凝固療剤を大量に用いたため、カテーテル刺入部における止血が問題となった。血液および肝におけるC型肝炎ウイルスおよびその複合体の変動に関して解析した。<br />Hepatitis C virus (HCV) particles in the serum of hepatitis C patients can be separated into the two fractions according to their density, heavy fraction and light fraction. The former is present with the binding immunoglobulin. We have reported that a higher ratio of the light and the heavy fractions corresponds to the better response rate against interferon therapy. The results indicate that removal of the immunoglobulin-binding fraction may help better response against interferon therapy.Not only present status of HCV in the serum of chronic hepatitis C patients, but in the liver tissues were studied. Different species of HCV were present in the liver, and the quasispecies of HCV was increased with the severity of liver disease as if the liver consits of a compartment. These results are helpful for the understanding of HCV virology and physiology of this plasma-pheresis study.Thus, we made several columns for the usage of plasmapheresis which remove immunoglobulin in the serum of chronic hepatitis C patients. The absorption rate with appropriate flow and column volumes was studied by a batch test and a mini-column apparatus, and the best column reagents was chosen.Two chimpanzees infected with HCV were plasmapheresed using the best reagents in an animal facility. The procedure was finished with safe in terms of circulation, respiration, renal function. Biochemical changes were transient, and there were no infection after the procedure. However, due to anticoagulant used, bleeding at the site of catheterization was found. Serial changes of HCV in the serum and liver tissue were demonstrated in the chimpanzees.<br />研究課題/領域番号:10557054, 研究期間(年度):1998-1999 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049431
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

Linden, Eugene, 1947-, 岡野, 恒也(1926-), 柿沼, 美紀

どうぶつ社

本多, 政夫, Honda, Masao

金沢大学医薬保健研究域保健学系

景山, 誠二, Kageyama, Seiji

金沢大学医薬保健研究域医学系

本多, 政夫, Honda, Masao

金沢大学医薬保健研究域保健学系

本多, 政夫, 金子, 周一, Honda, Masao, Kaneko, Shuichi

日本内科学会 = The Japanese Society of Internal Medicine

島上, 哲朗, Shimakami, Tetsuro

金沢大学附属病院地域医療教育センター

杉山, 幸丸(1935-), 井深, 允子(1941-), Linden, Eugene, 1947-

紀伊國屋書店

松沢, 哲郎(1950-)

岩波書店

伊谷, 純一郎(1926-)

筑摩書房

伊谷, 純一郎(1926-2001)

講談社