Blank Cover Image

神経損傷誘導性糖蛋白Gpnmbがイオンチャネル活動調節・痛み情報伝達に果たす役割

フォーマット:
論文
責任表示:
横山, 茂 ; Yokoyama, Shigeru
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学子どものこころの発達研究センター, 2015-05-27
著者名:
掲載情報:
平成26(2014)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書
巻:
2012-04-01 – 2015-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
ラットの坐骨神経切断部および脊髄損傷受傷部位において、糖タンパクGpnmb(glycoproteinnon-metastatic melanomab)の発現上昇が認められた。免疫組織染色を行ったところ、損傷部位近傍のGpnmb免疫反応陽性細胞の少なくとも一部は、ED1、OX6、あるいはOX42陽性であった。Gpnmbはマクロファージあるいはミクログリアで産生され、末梢および中枢神経系の損傷に伴う病態変化に関与することが示唆された。<br />研究課題/領域番号:2 4590724, 研究期間(年度):2012-04-01 – 2015-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049437
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

横山, 茂, Yokoyama, Shigeru

金沢大学医学系研究科

横山, 茂, Yokoyama, Shigeru

金沢大学大学院医学系研究科

石田, 信隆, 農林中金総合研究所

家の光協会

關谷, 暁子, Sekiya, Akiko

金沢大学医薬保健研究域保健学系

谷井, 淳一, 沢崎, 達夫

国立オリンピック記念青少年総合センター

横山, 茂, Yokoyama, Shigeru

金沢大学子どものこころの発達研究センター

横山, 茂, Yokoyama, Shigeru

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University

後藤, 則行