Blank Cover Image

損傷神経に誘導される新規蛋白がイオンチャネル活動調節・痛み情報伝達に果たす役割

フォーマット:
論文
責任表示:
横山, 茂 ; Yokoyama, Shigeru
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医学系, 2012-05-08
著者名:
掲載情報:
平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2009-2011
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
ラット坐骨神経切断時に細胞外に放出されることが推測される分子を探索し、その候補として糖タンパクnmb(Glycoprotein non-metastatic melanoma B : Gpnmb)を同定した。Gpnmbは坐骨神経切断端に浸潤するマクロファージに検出された。さらに、正常ラットの脊髄後角I、II層のミクログリア細胞にも存在した。これらの結果から、Gpnmbは痛み情報伝達の調節に関与することが示唆された。<br />We explored genes w hose protein products were assumed to be released into the extracellular space after axotomy of rat sciatic nerve, and identified glycoprotein non-metastatic melanoma B(Gpnmb) as a candidate. Gpnmb expression was detected in infiltrating macrophages in the nerve ends. Also, Gpnmb was expressed in microglia in the layers I and II of the spinal dorsal horn of normal rats. These results suggest that Gpnmb might be involved in the modulation of pain transduction.<br />研究課題/領域番号:21600002, 研究期間(年度):2009-2011 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049438
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

横山, 茂, Yokoyama, Shigeru

金沢大学子どものこころの発達研究センター

横山, 茂, Yokoyama, Shigeru

金沢大学医学系研究科

石田, 信隆, 農林中金総合研究所

家の光協会

炭竈, 享司, Sumikama, Takashi

金沢大学新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所

谷井, 淳一, 沢崎, 達夫

国立オリンピック記念青少年総合センター

關谷, 暁子, Sekiya, Akiko

金沢大学医薬保健研究域保健学系

横山, 茂, Yokoyama, Shigeru

金沢大学大学院医学系研究科

後藤, 則行

小川, 和男(1935-), 村上, 隆(1942-)

日本経済評論社