Blank Cover Image

巨大地震による長周期地震動に対する医療機関の耐震機能評価と対策

フォーマット:
論文
責任表示:
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
言語:
日本語
出版情報:
2008-03
著者名:
掲載情報:
平成19(2007)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2007 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
2005-2007
開始ページ:
212p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学自然科学研究科<br />現在,被害地震の直後には被災建築物応急危険度判定士によって建物の健全度が判定されているが,医療機関の機能の健全度を評価するものではないので,医療機関においては効果を発揮し得ない。このような観点から本研究では,医療機関における建物の健全度のみならず,救命ライフラインや医療機器の耐震機能評価法を考究することを目的とする。まず,過去の地震における医療機関の被災資料を収集した。近年わが国で発生した地震のみならず,アルジェリア・ブーメルデス 地震やイラン・バム地震などの被害についても調査し,世界共通の視点から分析した。その結果,地震後の医療機能損失の要因としては建物そのものの損壊,ライフラインの機能喪失,医療機器の転倒,落下に大きく分ける必要があることが明らかとなった。つぎに,2007年3月に発生した能登半島地震と7月に発生した新潟県中越地震の際に被災地の医療施設に対して地震被害が医療機能に与えた影響に関するアンケート調査を実施した。ここでは,上記のように,建物そのものの損壊,ライフラインの機能喪失,医療機器の転倒,落下に分けて,それぞれの被害が医療機能にどのような影響を及ぼしたかについて整理,分析した。その結果,能登半島地震および新潟県中越沖地震では,医療施設において生活機能,医療機能の両面に対して断水被害の影響が目立ったことが明らかとなった。さらに,長周期地震動に対して敏感であると考えられ,しかも医療機器類に多い,キャスター付き機器の振動特性を明らかにするために,正弦波を用いた振動台実験を行い,医療機器類のフラジリティ曲線を求めた。さらに,病院内のライフラインの損傷や薬品棚の転倒が医療機能に及ぼす影響を検討し,それぞれのフラジリティ曲線を提示するとともに,地震時の医療機関の機能損曲線を提案した。<br />The purpose of this study is to estimate the performance of healthcare facilities following an earthquake. Healthcare facilities such as hospitals carry great importance principally following a disaster. The function of hospitals after an earthquake depends on many factors such as structural damage, lifeline damage, lack of stag lack of medicine and others. Questionnaire survey was conducted for the hospitals suffering damage due to the 2007 Noto-hanto and the 2007 Niigata-ken Chuetsu-oki Earthquakes. The damages to each component such as structures, lifelines, instruments and so on in the hospital were investigated. The relation between strong motion and damage to each component was also studies.Next, a shaking table test and simulation of three types of equipment, that is, a wheeled table, shelves and small equipment which can be medicine container, were conducted. The results showed that the more the shelf is attached to the structure the more stable it becomes. The most unstable types of shelves are those which are connected only by their bottoms. Simulation and experimental determination response of wheeled equipment was finalized. The wheels are equipped with brakes and this causes a difference in response according to the brakes being in a locked or unlocked position ; rocking or sliding respectively. An unlocked setting was found to be stable while the locked setting was unstable. Low frequencies seem to make the equipment unstable while high frequencies seem to stabilize it.Finally, the fragility of some system was studied. The fragility of equipment depends on the frequency. Low frequencies tend to make the highest damage to systems and therefore to healthcare facilities. Hospitals subjected to long period motion of a great scale earthquake suffer severe damage to their unconnected equipment.<br />研究課題/領域番号:17310107, 研究期間(年度):2005-2007 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049460
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

西川, 隼人, 宮島, 昌克, Nishikawa, Hayato, Miyajima, Masakatsu

金沢大学大学院自然科学研究科環境科学専攻幹事会 / 金沢大学

村田, 幸一, 宮島, 昌克, Murata, Kouichi, Miyajima, Masakatsu

金沢大学大学院自然科学研究科環境科学専攻幹事会 / 金沢大学