Blank Cover Image

医療機関における救命ライフラインの地震時リスク分析と耐震対策

フォーマット:
論文
責任表示:
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
言語:
日本語
出版情報:
2005-03
著者名:
掲載情報:
平成16(2004)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2004 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
2003-2004
開始ページ:
7p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学自然科学研究科<br />1)2003年5月に発生したアルジェリア・ゼムリ地震、7月の宮城県北部地震、9月の十勝沖地震、12月のイラン・バム地震において、現地被害調査を実施し、病院の被害実態を調査した。その結果、建物被害等の構造被害だけではなく、非構造部材やライフラインの被害が、地震直後の診療に大きな影響を与える場合のあることが明らかとなった。さらに、宮城県北部地震と十勝沖地震においてはアンケート調査を実施し、ライフライン被害が病院の医療施設としての機能に 及ぼす影響についての基礎的データを収集した。2)2004年新潟県中越地震における供給系ライフラインの機能障害について調査した.機能停止の状況と計測震度との関係から,機能停止確率をロジスティック関数でモデル化して兵庫県南部地震と比較した結果,より低震度で機能障害が発生しており,その理由としては,ネットワーク施設の脆弱性およびネットワーク形態の両方が関与していると考えられる.また復旧プロセスを比較した結果,機能支障の解消過程に相似的関係が見出された.3)2004年新潟県中越地震における医療機関の被害について現地調査およびアンケート調査を実施した.建物被害,ライフライン被害,医療機器の被害のそれぞれが医療機能に及ぼす影響について検討した.さらに、距離減衰式を用いて各医療機関の最大加速度を推定し,建物被害,ライフライン被害,医療機器の被害程度と最大加速度の関係をロジスティック関数で表す、被害関数を提案した.4)ライフラインの機能被害が医療機能に及ぼす影響の大きいことが明らかとなったので,医療機関における各ライフラインの代替施設や耐震対策について検討した.特に電力供給の停止が各ライフラインの機能被害に密接に関連していることが示されたので,代替施設としてのソーラーパネルの有効性について検討した.<br />The present study is focusing on a seismic safety of health care facilities, especially lifeline facilities of hospitals. First, damage to health care facilities during the past damaging earthquakes that have occurred in the recent yeas in the world such as the 2003 Zemuri Earthquake in Algeria, the 2003 Miyagiken-Hokubu Earthquake in Japan, the 2003 Tokachi-oki Earthquake in Japan, the 2003 Barn Earthquake in Iran, 2004 Niigata-ken Chuetsu Earthquake in Japan and so on, was clarified and the effects of the damage on functions of the health care facilities were studied. Next, the performance of hospitals in these earthquakes was examined by using the results of questionnaire survey conducted by the authors. According to the results of the questionnaire survey, it is clarified that the performance of electricity and water supply strongly affects the treatment in hospitals just after an earthquake.The lessons we can get from the cited earthquake experiences above are as follows : health care facilities, which are typically expected to receive and treat injuries, can be affected by malfunction of lifeline after earthquakes ; and closing or reducing the capacity of a hospital has remarkable impact on treatment of patients and victims alike. Therefore preparation of hospitals is an obvious step that should concern both physical and functional parts of lifelines in all hospitals. With regards to the physical part, both structural and non-structural elements have to be protected.Moreover, a method of seismic evaluation of water supply system in health care facilities was studied. This methodology considers life saving as its main goal unlike other methods that consider economical savings as more important.<br />研究課題/領域番号:15510148, 研究期間(年度):2003-2004 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049461

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

宮島, 昌克, Miyajima, Masakatsu

金沢大学理工研究域地球社会基盤学系

宮島, 昌克, 池本, 敏和, アシュール, ネビル

日本建築学会北陸支部 = Architectural Institute of Japan/Hokuriku Branch

北浦, 勝, 宮島, 昌克, 池本, 敏和, 吉田, 雅穂

日本自然災害学会

宮島, 昌克, Miyajima, Masakatsu

金沢大学理工研究域地球社会基盤学系