Blank Cover Image

既存の強震計に装着できる地盤破壊検知センサーの開発

フォーマット:
論文
責任表示:
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
言語:
日本語
出版情報:
2004-03
著者名:
掲載情報:
平成14(2002)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2003 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
2001-2003
開始ページ:
8p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学工学部<br />研究助成期間に2001年芸予地震や2003年三陸南沖地震、宮城県北部地震、十勝沖地震が発生し、液状化地盤の近傍で強震記録が得られたことから、それらを用いて液状化センサーの検証を行い、検知精度を確認するとともに残された問題点を明らかにすることができた。すなわち、これまでに本手法確立のために用いてきた液状化地盤の記録の多くが、上下動成分の卓越した1995年兵庫県南部地震のものであったので、海洋型地震である十勝沖地震にも適用するために指標の閾値 を再検討する必要性を明らかにした。これらの地震において、強震計の設置場所によっては、設置箇所の微地形の影響や周辺建物の振動の影響が強震記録に反映されることが議論に上ったので、その点についても検討を始めた。すなわち、十勝沖地震の際に大きな強震記録の得られた地点において、設置状現や地表面地盤特性を調査し、それらの影響について検討した。さらに、強震計の設置状況を把握するために石川県内のすべての強震計設置位置を調査し、設置状況、設置場所の表層地盤特性などのデータ・ベースを構築した。さらに、1999年台湾・集集地震に見られた断層運動に伴う地表面変位の検知に関しても研究を行った。これについては、従来の液状化センサーとは異なった検知指標を提案し、台湾・集集地震で得られた強震記線を用いて検証を行った。逆断層の近傍で得られた強震記録が台湾・集集地震に限られたので、さらに多くの強震記録を発掘し、精度の検証を行う必要がある。<br />The present study is focusing on detection of liquefaction and large ground displacement induced by fault movement. First, amplitude characteristics of strong ground motion records were investigated. Time histories of ratio of vertical ground acceleration to the horizontal one was calculated from ground acceleration records at ground surface. Next, frequency characteristics of the ground acceleration records were studied. The average predominant period of the strong motion was calculated here. Then these indices were verified by using more than one hundred acceleration records at ground surface including the 2001 Geiyo, the 2003 Sanriku-minami, the 2003 Miyagiken-hokubu and the 2003 Tokachi-oki Earthquakes in Japan.The velocity of strong ground motion obtained by integration of acceleration is used for a new index to detect a large ground displacement induced by fault movement. The records of the 1999 Chi-Chi earthquake, Taiwan, verify this new index. As a result, the new index using the velocity wave form obtained from strong ground motion records within few kilometers from fault rupture identifies occurrence of a large ground displacement induced by fault movement.<br />研究課題/領域番号:13555129, 研究期間(年度):2001-2003 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049462

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

宮島, 昌克, Miyajima, Masakatsu

宮島, 昌克, Miyajima, Masakatsu

金沢大学理工研究域地球社会基盤学系

宮島, 昌克(1956-)

[宮島昌克]

関, 啓明, 山口, 安昭, 李, 倍, Seki, Hiroaki, Yamagichi, Yasuaki, Ri, Bai

精密工学会 = The Japan Society for Precision Engineering

宮島, 昌克, Miyajima, Masakatsu

金沢大学理工研究域地球社会基盤学系