Blank Cover Image

放射性廃棄物中の高濃度アルカリ塩によるセメント硬化体の長期劣化現象と対策の提案

フォーマット:
論文
責任表示:
鳥居, 和之 ; Torii, Kazuyuki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学理工研究域環境デザイン学系
著者名:
掲載情報:
平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2009-2011
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
放射性廃棄物からの高濃度アルカリ塩によるコンクリートのアルカリシリカ反応(ASR)とその防止対策を、各種ナトリウム塩に浸漬したモルタルバーの膨張挙動より実験的に検討した。その結果,外部から浸透するナトリウム塩の種類により,モルタルバーの膨張量が相違することや、高濃度のナトリウム塩の浸透によるモルタルのASR発生機構を解明できた。さらに,ポゾラン材料(フライアッシュおよび高炉スラグ微粉末)を多量に混和することがその防止対策として有効であった。<br />In thi s research, the mechanisms of alkali-silica reaction(ASR) in concrete induced by high concentration solutions of sodium salts were investigated. For this purpose, the expansion behavior of mortar bars immersed in various sodium salts was experimentally compared. In sodium nitrate and sodium sulfate solutions, the process of formation of complex compound hydrates and thereby the rise in the concentration of hydroxide ion was the main reason of ASR. Furthermore, the addition of large amounts of fly ash and blast-furnace slag was very effective in controlling the expansion of mortar bars.<br />研究課題/領域番号:21560483, 研究期間(年度):2009-2011 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049873
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

三原, 守弘, 鳥居, 和之, Mihara, Morihiro, Torii, Kazuyuki

金沢大学大学院自然科学研究科環境科学専攻幹事会 / 金沢大学

Benedict, Manson, 1907-, Pigford, Thomas H., Levi, Hans Wolfgang, 清瀬, 量平(1927-)

日刊工業新聞社

長崎, 晋也, 中山, 真一

オーム社

土井, 和巳

日刊工業新聞社

電気事業連合会広報部, ウイルアライアンス

[電気事業連合会広報部]

Gonstalla, Esther, 今泉, みね子(1948-)

岩波書店

Brookins, Douglas G., 石原, 健彦(1924-), 大橋, 弘士

現代工学社

土井, 淑平(1941-)

農山漁村文化協会

エネルギー・情報工学研究会議

エネルギー・情報工学研究会議

日本アイソトープ協会

日本アイソトープ協会

山名, 元, 仲谷, 麻希

京都大学学術出版会

エネルギー・情報工学研究会議

エネルギー・情報工学研究会議