Blank Cover Image

再生骨材におけるASRに関連した問題解決のための基礎研究

フォーマット:
論文
責任表示:
鳥居, 和之 ; Torii, Kazuyuki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学理工研究域環境デザイン学系
著者名:
掲載情報:
平成20(2008)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2008 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2007-2008
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
本研究の成果は以下の3つの項目に分けることができる。まず, (1)再生骨材からのアルカリ溶出がASRに及ぼす影響を検討した結果, 再生骨材中のASRゲルから溶出するアルカリによってASRが促進することが明らかになった. 次に, (2)再生骨材を使用したコンクリートのASRによる膨張性状を検討した結果, コンクリートのアルカリの種類(NaCl添加またはNaOH添加)とその添加量を種々に変化させたコンクリートバーの膨張試験の結果に基づいて, 再生骨材を使用したコンクリートのASR の発生条件の特徴とぺシマム混合率との関係を明らかにした. さらに, (3)原骨材のASRの程度が再生骨材コンクリートの膨張性状に及ぼす影響を検討した結果, 建設後約30年が経過したASR劣化構造物から製造した能登産の安山岩砕石を原骨材とする再生骨材は反応領域が骨材界面から1~2mm程度に限定されていたのに対して, 常願寺川産の川砂利から製造した再生骨材は安山岩粒子の内部まで反応が激しく進行していた. このため, 再生骨材のASR試験及び再生骨材コンクリートの膨張試験の結果より, 再生骨材のアルカリシリカ反応性は原骨材の種類とその反応性(能登産の安山岩砕石および常願寺川産の川砂利)により相違し, それらは促進養生条件下での再生骨材コンクリートの膨張性状に大きな影響を及ぼすことが判明した.<br />研究課題/領域番号:19560458, 研究期間(年度):2007-2008 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049874
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

鳥居, 和之, Torii, Kazuyuki

金沢大学理工研究域環境デザイン学系

宮野, 暢紘, 久保, 善司, 鳥居, 和之

The Society of Materials Science. Japan. = 日本材料学会

鳥居, 和之, Torii, Kazuyuki

金沢大学工学部

鳥居, 和之, Torii, Kazuyuki

金沢大学自然科学研究科

川村, 満紀, 鳥居, 和之, 竹本, 邦夫, 枷場, 重正

日本材料学会

鳥居, 和之, 川村, 満紀, Torii, Kazuyuki, Kawamura, Mitsunori

Japan Society of Civil Engineers = 土木学会