Blank Cover Image

都市ゴミ焼却灰より作製したセメントのキャラクタリゼーションと鉄筋腐食性状

フォーマット:
論文
責任表示:
鳥居, 和之 ; Torii, Kazuyuki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学工学部, 2001-03
著者名:
掲載情報:
平成12(2000)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2000 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
1999-2000
開始ページ:
87p.
バージョン:
author
概要:
1.エコセメントの鉄筋腐食に及ぼす高炉スラグ微粉末の効果塩水噴霧環境下にてエコセメントを使用したモルタル中の鉄筋腐食を自然電位,分極抵抗および交流インピーダンスによる電気化学的モニタリングと鉄筋の腐食減量および腐食面積率の測定により実施した。その結果,エコセメントの一部を高炉スラグ微粉末で置き換えることにより、塩化物イオンのモルタルへの浸透性が大きく低下するので、鉄筋腐食の開始時期が遅れる。しかし、鉄筋の腐食限界値以上の塩化物イオンが浸透した場合には、高炉スラグ微粉末の置換率 が大きくなると鉄筋を保護する水酸化カルシウムが存在しないので、それ以後の鉄筋腐食が急激に進行することが判明した。2.エコセメントの鉄筋腐食に及ぼす含有塩化物の影響近年、エコセメントの塩化物を低減するように製造工程が改良され、低塩化物形のエコセメントが開発されている。1の試験概要と同様な手法で、高塩化物形および低塩化物形のエコセメントを使用したモルタル中の鉄筋腐食を比較検討した。その結果,塩水噴霧環境下であっても、低塩化物形のものは高塩化物形のものと比較してモルタル中の鉄筋腐食性状が改善される。高炉スラグ微粉末による改善効果は高塩化物形のものと低塩化物形のもので大きな相違が見られない。また、電気化学的測定は、鉄筋腐食の推定に有効であり、とくにAPインピーダンスの軌跡より鉄筋腐食の開始時期が正確に判定できることが判明した。<br />Ecocement is a new type of hydraulic cement produced from incinerator ash. However. the incinerator ash contains large amounts of chloride, which, if not removed during the production process, is expected to accelerate the corrosion of steel bars when ecocement is used in reinforced concrete structures. The chlorides can be removed in the production process but at a high cost. Two types of ecocement have been produced, a high chloride type (type I) and a low chloride (type II). This paper investigates the corrosive behavior of steel bars embedded in the mortars containing both types of ecocement, cured under and exposed to wetting and drying cycles. Corrosion of the mild steel bars was monitored by halfcell potential, polarization resistance, and AC impedance measurements. The relative performance of the two types of ecocements with respect to the corrosive behavior of the embedded steel bars was discussed.From the results, the following conclusions could be drawn.(1) Steel bars embedded in mortars of high-chloride type ecocement is more susceptible to corrosion than that of low-chloride type one.(2) Carbonation accelerates corrosion of steel bars embedded in the mortars of both ecocements, although the effect is higher in high-chloride type than in low-chloride type.(3) Electrical measurement yields a good result in the monitoring of corrosion of steel bars embedded in cement mortars.(4) In both types of ecocement, the extent and severity of the corrsion of the embedded steel bars depend on the water to cement ratio, the higher the water to cement ratio, the greater the severity of corrosion.<br />研究課題/領域番号:11650465, 研究期間(年度):1999-2000 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00049877
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

五十嵐, 心一

金沢大学フレスコ壁画研究センター = Centro di Ricerca sulla Pittura Murale Italiana, Università di Kanazawa / Kanazawa University

鳥居, 和之, Torii, Kazuyuki

金沢大学理工研究域環境デザイン学系

鳥居, 和之, Torii, Kazuyuki

金沢大学自然科学研究科

鳥居, 和之, Torii, Kazuyuki

金沢大学理工研究域環境デザイン学系

鳥居, 和之, Torii, Kazuyuki

金沢大学工学部