Blank Cover Image

難治性慢性咳嗽の克服に向けて: 咳嗽発生メカニズムの機序解明と治療法の開発

フォーマット:
論文
責任表示:
藤村, 政樹 ; Fujimura, Masaki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 2011-05-10
著者名:
掲載情報:
平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2010 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2008-2010
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
咳嗽反応の末梢機序には少なくとも以下の2つ経路が存在することが明らかとなった。(1)気道表層の気管支上皮間や上皮下に存在する知覚神経終末(咳受容体)の感受性亢進(アトピー咳嗽)あるいは過剰刺激による咳嗽反応(副鼻腔気管支症候群)、(2)気管支壁深層の平滑筋層の中または周囲に存在する知覚神経終末(Aδ線維)の平滑筋収縮に対する過剰反応(咳喘息)、あるいは過剰な平滑筋収縮による過刺激(気管支喘息)。<br />It has been disclosed t hat there are at least two pathway of cough reflex : (1) increased cough receptor sensitivity (atopic cough) or hyper-stimulation to cough receptors (sinobronchial syndrome) which are present in inter- and sub epithelium of airway, (2) increased response of sensory nerve endings (Adelta-fibers) in intra- and peri-smooth muscle layer to the smooth muscle contraction (cough variant asthma) or hyper-stimulation (strong smooth muscle contraction) to the nerve endings.<br />研究課題/領域番号:20590916, 研究期間(年度):2008-2010 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050067
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

藤村, 政樹, Fujimura, Masaki

金沢大学医薬保健研究域医学系

藤村, 政樹, Fujimura, Masaki

金沢大学医薬保健研究域医学系

藤村, 政樹(1953-)

医薬ジャーナル社

藤村, 政樹, Fujimura, Masaki

金沢大学医薬保健研究域医学系

藤村, 政樹

日本内科学会 = Japanese Society of Internal Medicine

藤村, 政樹(1953-)

医薬ジャーナル社

藤村, 政樹(1953-)

[藤村政樹] , 2006.1