Blank Cover Image

システム生物学的手法を用いた癌幹細胞の新規分子標的の同定

フォーマット:
論文
責任表示:
後藤, 典子 ; Gotoh, Noriko
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学がん進展制御研究所 / 東京大学, 2015-05-29
著者名:
掲載情報:
平成26(2014)年度 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型) 研究成果報告書
巻:
2010-04-01 – 2015-03-31
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
乳癌幹細胞スフェア培養の系で、HER2-NFkBパスウエイもしくはHER2-PI3Kパスウエイを阻害し、詳細な時系列をとってRNAを抽出し、DNAマイクロアレイ解析を行った。得られた分子IGF2, AR, GDF15などが癌幹細胞維持に重要な役割を果たしていることを、乳癌臨床検体を用いて確かめた。HER2/ErbB2乳癌自然発症モデルMMTV-ErbB2マウスとFRS2betaノックアウトマウスを交配させたマウスを用いて解析を行い、FRS2betaによってErbBシグナルを効 果的に減弱させることにより、癌幹細胞の自己複製能が維持させる仕組みを明らかにした。<br />研究課題/領域番号:22130009, 研究期間(年度):2010-04-01 – 2015-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050108

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

後藤, 典子, Gotoh, Noriko

金沢大学がん進展制御研究所

後藤, 典子, Gotoh, Noriko

金沢大学がん進展制御研究所 / 東京大学

杉本, 芳一

金沢大学がん研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

中田, 光俊, Nakada, Mitsutoshi

金沢大学医薬保健研究域医学系

後藤, 典子

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

後藤, 典子, Gotoh, Noriko

金沢大学がん進展制御研究所

橋爪, 理香, 内田, 浩子, 林, 京子, 川田, 祐子, 坂尾, 雅子

河野, 晋, Kohno, Susumu

金沢大学がん進展制御研究所 特任助教(Ⅰ種) 264-6751 234-4521 skohno@staff.kanazawa-u.ac.jp

安達, 直子, 国枝, 美代子, 田中, 順子, 橋爪, 理香, 坂尾, 雅子

松本, 邦夫, Matsumoto, Kunio

金沢大学新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所

壺, 美佐子, Dai, Misako

金沢大学医薬保健研究域保健学系