Blank Cover Image

全身性強皮症患者および線維化モデルマウスにおける制御性B細胞の解析

フォーマット:
論文
責任表示:
竹原, 和彦 ; Takehara, Kazuhiko
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 2014-05-23
著者名:
掲載情報:
平成25(2013)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2013 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2011-2013
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
制御性B細胞はIL-10産生を介して過剰な免疫反応や炎症を抑制する。全身性強皮症のPBMC中のIL-10産生B細胞の頻度を解析しところ、健常人で平均11%、強皮症は6%と有意に減少していた。次に制御性B細胞が存在しないCD19欠損マウスを使用しサイトカイン誘導性線維化モデルマウスにおける産生制御性B細胞の機能解析をした。野生型マウスとCD19欠損マウスにサイトカイン誘導性線維化モデルを誘導したところ、両者間に有意差はなかった。以上より、制御性B細胞はサイトカイン誘導性線維化モ デルマウスでその役割が少ないことから、線維化病態促進への関与は少なく、強皮症の発症に深く関与している可能性が示唆された。<br />Regulatory B cells that produce IL-10 are an important role for negative immune response. The frequency of regulatory B cell in PBMC from 28 systemic sclerosis patients and 24 healthy controls were examined. The frequency of regulatory B cell in PBMC was decreased in systemic sclerosis patients compared to healthy controls. Next, the role of regulatory B cell in the cytokine induced fibrosis models was examined using lack of regulatory B cell mice (CD19 deficient mice). There was no significant difference between wild type mice and CD19 deficient mice.These results suggest that decreased regulatory B cell may contribute to pathogenesis of systemic sclerosis, although regulatory B cell does not affect the development of fibrosis.<br />研究課題/領域番号:23591640, 研究期間(年度):2011-2013 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050695
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

竹原, 和彦, Takehara, Kazuhiko

金沢大学医薬保健研究域医学系

土田, 敬子, 小川, 洋子, 山野, 滋子

松下, 貴史, Matsushita, Takashi

金沢大学附属病院皮膚科

松下, 貴史, Matsushita, Takashi

金沢大学附属病院

濱口, 儒人, Hamaguchi, Yasuhito

金沢大学医薬保健研究域医学系

竹原, 和彦, Takehara, Kazuhiko

金沢大学医薬保健研究域医学系

松下, 貴史, Matsushita, Takashi

金沢大学附属病院

10 図書 全身性強皮症

竹原, 和彦(1954-), 近藤, 啓文

医薬ジャーナル社

竹原, 和彦

日本臨床免疫学会 = The Japan Society for clinical immunology

竹原, 和彦, Takehara, Kazuhiko

金沢大学医薬保健研究域医学系