Blank Cover Image

結合組織成長因子(CTGF)の強皮症病変形成への関与

フォーマット:
論文
責任表示:
竹原, 和彦 ; Takehara, Kazuhiko
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 2000-03
著者名:
掲載情報:
平成11(1999)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 1999 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
1998-1999
開始ページ:
15p.
バージョン:
author
概要:
本研究は,トランスフォーミング成長因子(Transforming Growth Factor-β,TGF-β)皮下投与により誘導される新生マウスの皮膚線維化モデルを用いて,結合組織成長因子(Connective Tissue Growth Factor,CTGF)の役割とTGF-βとの相互作用について,その詳細を検討した。TGF-β単独投与により誘導される線維化は3日目をピークとして消失するが,TGF-βとCTGFを同時投与す るか,あるいはTGF-β3日間投与後にCTGFを投与することにより不可逆的な線維化が形成されることが明らかにされた。以上の結果から,皮膚の線維化がTGF-βによって誘導され,CTGFによって維持されるという仮説が強く示唆された。そこで,このモデルを用いて抗CTGF中和抗体による線維化の抑制を試みたところ,一部抑制効果が確認され,さらにより中和活性の強い抗体のスクリーニングを試みている。またCTGFアンチセンスの作用についても検討する予定である。また,全身性強皮症患者の血清CTGF濃度を多数例で検討したところ,正常人に比較して有意な上昇がみられただけでなく,皮膚硬化や肺線維症などの疾患重症度と血清CTGF濃度との相関が認められ,線維化疾患の代表ともいえる全身性強皮症の病因にCTGFが関与していることが示された。今後我々が確立したTGF-βおよびCTGFによるマウス線維化モデルを用いて,全身性強皮症に対する治療薬のスクリーニングを行い,臨床応用に結びつけたい。<br />In these studies, we investigated the role of CTGF, namely inter action with TGF-β in TGF-β induced skin fibrosis model of newborn mice.TGF-β solely induced fibrosis disappears with 3 day peak, although when CTGF was injected simultaneously or consecutively, combination of TGF-β and CTGF induces irreversible fibrosis.Above observations strongly support our hypothesis that TGF-β induces skin fibrosis and CTGF acts to maintain this fibrosis. In addition, we tried to block this fibrosis using anti- CTGF neutralizing antibody, we conformed partial suppression. We are going to screen more potent neutralizing antibody and antisense of DNA.We measured serum CTGF levels of systemic sclerosis using increased cases, we found elevated levels of CTGF the patients and the levels of CTGF was statistically correlated with severity of skin sclerosis and pulmonary fibrosis. Thus, we found strong correlation between CTGF and systemic sclerosis, which is a representative fibrotic disorder.In the future, we use our skin sclerosis mice model by TGF-β and CTGF to screen anti-scleroderma drugs.<br />研究課題/領域番号:10670785, 研究期間(年度):1998-1999 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050699
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

竹原, 和彦, Takehara, Kazuhiko

金沢大学医薬保健研究域医学系

長谷川, 稔

日本臨床免疫学会 = Japan Society for Clinical Immunology

竹原, 和彦, Takehara, Kazuhiko

金沢大学医薬保健研究域医学系

和田, 隆志, Wada, Takashi

金沢大学医薬保健研究域医学系

竹原, 和彦, Takehara, Kazuhiko

金沢大学医薬保健研究域医学系

竹原, 和彦(1954-)

[竹原和彦]

長谷川, 稔, Hasegawa, Minoru

長谷川, 稔, Hasegawa, Minoru

金沢大学附属病院

竹原, 和彦(1954-)

診療新社

中條, 園子, Chujo, Sonoko

金沢大学医学部附属病院

竹原, 和彦(1954-), 佐藤, 伸一(1963〜)

芳賀書店