Blank Cover Image

細胞接着分子による精子形成調節の分子ネットワークの解明

フォーマット:
論文
責任表示:
仲田, 浩規 ; Nakata, Hiroki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 2014-05-20
著者名:
掲載情報:
平成25(2013)年度 科学研究費補助金 研究活動スタート支援 研究成果報告書
巻:
2012-08-31 - 2014-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
細胞接着分子を介した造精細胞とセルトリ細胞の相互作用は精子形成に重要な役割を持つ。特に、造精細胞に発現する細胞接着分子 Cadm1は精子形成に必須である。最近我々は、Cadm1と結合するアダプター蛋白質としてMpp6を見いだした。ウエスタンブロット法および免疫組織化学により精巣におけるMpp6の発現と局在を明らかにした。また、免疫沈降によりCadm1とMpp6の相互作用を確認し、さらにMpp6と相互作用する新規分子を複数同定した。<br />研究課題/領域番号:2 4890074, 研究期間(年度):2012-08-31 - 2014-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050810

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

多久和, 陽, Takuwa, Yoh

金沢大学医薬保健研究域医学系

白土, 明子, Shiratsuchi, Akiko

金沢大学医薬保健研究域薬学系

仲田, 浩規

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

後藤, 典子, Gotoh, Noriko

金沢大学がん進展制御研究所 / 東京大学

多久和, 陽, Takuwa, Yoh

金沢大学医薬保健研究域医学系

仲田, 浩規

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

東田, 陽博, Higashida, Haruhiro

金沢大学医学系

北浦, 孝, Kitaura, Takashi

金沢大学保健管理センター