Blank Cover Image

プロスタグランジン輸送体を作用標的とする新規抗炎症薬の提唱

フォーマット:
論文
責任表示:
中西, 猛夫 ; Nakanishi, Takeo
言語:
日本語
出版情報:
2017-09-01
著者名:
掲載情報:
平成28(2016)年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書 = 2016 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2015-04-01 - 2017-03-31
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健研究域薬学系<br />本研究成果により、炎症を媒介するケミカルメディエータであるprostaglandin(PG) E2は、炎症組織で活性化されるマクロファージ細胞(Mφ)内に発現するPGトランスポーター(OATP2A1)により、リソゾーム等の酸性オルガネラに貯留された後、炎症刺激に伴って開口分泌されることが示された。げっ歯類動物を用いたOATP2A1の遺伝的および化学的抑制は内毒素による発熱効果を減弱させたことから、OATP2A1は解熱 薬の新規標的として期待される。<br />The present study indicates that an important chemical mediator prostaglandin (PG) E2 is transported into acidic organelles including lysosome via OATP2A1, which is a transporter with high affinity to PGE2, in macrophages activated under inflammatory condition, and then it is secreted by exocytosis. Since genetic and chemical suppression of Oatp2a1 attenuated endotoxin-induced fever in rodent models, OATP2A1 is expected to be a novel target for antipyretic drugs.<br />研究課題/領域番号:15K15181, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2017-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050883
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

中西, 猛夫, Nakanishi, Takeo

金沢大学医薬保健研究域薬学系

中西, 猛夫, Nakanishi, Takeo

金沢大学医薬保健研究域薬学系

向田, 直史, Mukaida, Naofumi

金沢大学がん進展制御研究所

中西, 猛夫, Nakanishi, Takeo

金沢大学医薬保健研究域薬学系

中西, 猛夫

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University