Blank Cover Image

発癌に関わるTGF‐β1結合蛋白質の亜型に着目した発現・機能解析と癌診断への応用

フォーマット:
論文
責任表示:
東, 朋美 ; Higashi, Tomomi
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 2013-05-15
著者名:
掲載情報:
平成24(2012)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2010-2012
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健研究域医学系<br />多種の臓器癌(胃癌、卵巣癌、子宮癌、大腸癌)の細胞株を用いて、LTBP-1の発現抑制と、LTBP-1L、LTBP-1S の強制発現による機能変化を解析した結果、全ての細胞株において顕著な変化は認められなかった。一方、 臨床組織検体における、LTBP-1L、LTBP-1S共通抗体による発現解析の結果では、胃癌の悪性度との関連が認められた(p < 0.01)。 従って、同蛋白は癌診断や治療の標的候補となりうることが示唆され た。しかし、LTBP-1L、LTBP-1Sそれぞれの機能解明にはさらなる解析が必要である。<br />Knockdown of LTBP-1L or LTBP-1S in cancer cell lines including stomach cancer, ovarian cancer, uterine cancer, colorectal cancer, had no remarkable change in cell shape, cell growth and cell invasion activity. Forced expression of LTBP-1L or LTBP-1S also showed no remarkable effect on cancer cell lines. On the other hand, there was correlation between LTBP-1 expression and cancer - stroma relationship of stomach cancer by immunohistochemical analysis in clinical samples (p < 0.01). Thus, it was suggested that LTBP-1 can be a candidate of the diagnostic marker and the target of medical treatment. However, further studies were required to determine the LTBP-1L and LTBP-1S function.<br />研究課題/領域番号:22790542, 研究期間(年度):2010-2012 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050975

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

東, 朋美, Higashi, Tomomi

金沢大学医薬保健研究域医学系

東, 朋美, Higashi, Tomomi

金沢大学医薬保健研究域医学系

有賀, 祥隆(1940-)

東北大学大学院文学研究科東洋・日本美術史研究室

中西, 義信, Nakanishi, Yoshinobu

Higashi, Tomomi, Ohkura, Noriyuki, Fujimura, Masaki, Nakai, Satoshi, Honda, Yasushi, Saijoh, Kiyofumi, Hayakawa, &hellip;

Elsevier Ltd

全, 陽

金沢大学附属病院

林, 一樹, 中沼, 安二, 佐藤, 保則

金沢大学 / 金沢大学学生部教務課

甲斐, 睦朗

明治図書出版

佐藤, 保則, Sato, Yasunori

金沢大学医薬保健研究域医学系