Blank Cover Image

KOマウスを用いたクラスII型PI3キナーゼC2・の血管形成における役割の解明

フォーマット:
論文
責任表示:
吉岡, 和晃 ; Yoshioka, Kazuaki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 2011-05-19
著者名:
掲載情報:
平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2010 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2008-2010
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
本研究では、"クラスII型PI3キナーゼC2α"の機能、特に血管恒常性における役割を明らかにするために、C2α遺伝子KOマウスを用いてC2αの生理機能と血管障害における役割を解析することを目的として実施した。KOマウスの表現型解析から、胎生期血管形成プロセスの異常は血管新生、特に血管成熟過程に起因する可能性が高いと考えられた。また、C2αヘテロKOマウス血管障害モデルでは、解離性大動脈瘤が高頻度に観察された。 C2αはこれまで全く生理機能が知られてなく、クラスI型PI3キナーゼとは異なる基質特異性、細胞内分布を示すことから、血管恒常性維持に必須の新たな機能的役割を持つ細胞内制御因子でありことが明らかとなった。<br />Phosphatidylinositol-3-OH kinase (PI3K) family, which comprises three classes, regulates a diverse array of cellular processes through the generation of 3-phosphoinositides. Although class I PI3Ks including p110α, p110β, p110δ and p110γ isoforms were well characterized among three classes, the in vivo physiological functions of class II PI3Ks, which comprise three members PI3K-C2α (C2α), C2β and C2γ, remain largely unknown. We found that Pik3c2a gene-global disruption (C2α KO) and conditional loss of C2α in endothelial cells (ECs) in mice, but not in vascular smooth muscles (VSMCs) and cardiomyocytes, caused embryonic lethality due to impairment of developmental angiogenesis characterized by incomplete EC sprouting and mural-cell (VSMCs and pericytes) coverage. Finally, C2α-haploinsufficient mice are alive, but exhibit vascular hyperpermeability and a higher incidence of dissecting aortic aneurysms with rupture on angiotensin-II (AngII) infusion. These results provide the first evidence that C2α plays a novel essential role in endothelial physiology, particularly angiogenesis and barrier integrity, through regulating endosomal trafficking and underscore broader roles for PI3K family members in vascular physiology.<br />研究課題/領域番号:20590207, 研究期間(年度):2008-2010 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050992
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

吉岡, 和晃, Yoshioka, Kazuaki

金沢大学医薬保健研究域医学系

小泉, 早織, 吉岡, 和晃, 安藝, 翔, 多久和, 陽

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

Sarker, Md Azadul Kabir, Aki, Sho, Yoshioka, Kazuaki, Kuno, Kouji, Okamoto, Yasuo, Ishimaru, Kazuhiro, Takuwa, Noriko, &hellip;

Endocrine Society / Oxford University Press

多久和, 陽, Takuwa, Yoh

金沢大学医薬保健研究域医学系

吉岡, 和晃, 多久和, 陽

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

杉本, 直俊, Sugimoto, Naotoshi

金沢大学医薬保健研究域医学系

宮澤, 秀和, 吉岡, 和晃, 多久和, 陽

金沢大学十全医学会

多久和, 陽, Takuwa, Yoh

金沢大学医薬保健研究域医学系

Aung, Khin Thuzar, Yoshioka, Kazuaki, Aki, Sho, Ishimaru, Kazuhiro, Takuwa, Noriko, Takuwa, Yoh, 吉岡, 和晃, 安藝, &hellip;

Physiological Society of Japan 日本生理学会 / Springer Nature

向田, 直史, Mukaida, Naofumi

金沢大学がん進展制御研究所