Blank Cover Image

マイクロRNAに着目したカロリ病+先天性肝線維症の新たな治療戦略

フォーマット:
論文
責任表示:
佐藤, 保則 ; Sato, Yasunori
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 2018-05-25
著者名:
掲載情報:
平成29(2017)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書
巻:
2015-04-01 - 2018-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
カロリ病+先天性肝線維症の動物モデルであるPCKラットを用いた検討で,PCKラット培養胆管細胞ではmiR-125b-1-3pの発現低下とこれに関連したSmoothenedの発現亢進があり,Hedgehogシグナル伝達系の活性化による胆管細胞の過剰な増殖があることをin vitroで見出した.PCKラットにSmoothendedアンタゴニスト(cyclopamine)を投与することで,肝内胆管の拡張と腎嚢胞の形成をin vivoで有意に抑制することに成功した.以上の結果から,H edgehogシグナル伝達系の阻害はカロリ病+先天性肝線維症の新たな治療標的となる可能性が示された.<br />研究課題/領域番号:15K08342, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2018-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050995
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

佐藤, 保則, Sato, Yasunori

金沢大学医薬保健研究域医学系

佐藤, 保則

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

林, 一樹, 中沼, 安二, 佐藤, 保則

金沢大学 / 金沢大学学生部教務課

佐々木, 素子, Sasaki, Motoko

金沢大学医学系

中沼, 安二, Nakanuma, Yasuni

金沢大学大学院医学系研究科

多田, 明, 高仲, 強, 立野, 育郎, 若林, 時夫, 鈴木, 邦彦

佐藤, 保則, Sato, Yasunori

金沢大学医薬保健研究域医学系

佐々木, 素子, Sasaki, Motoko

金沢大学医学系

佐藤, 保則, Sato, Yasunori

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University