Blank Cover Image

自己免疫性骨髄不全発症の引き金となる自己抗原の同定

フォーマット:
論文
責任表示:
中尾, 眞二 ; Nakao, Shinji
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 2012-05-22
著者名:
掲載情報:
平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2009-2011
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
再生不良性貧血(再不貧)患者のゲノム解析により、HLA遺伝子領域を含む第6染色体短腕のuniparental disomy(6pUPD)のため片側のHLA発現を欠失した白血球が、再不貧全体の13%に検出されることを見出した。この6pUPDによって失われるHLAハプロタイプにはHLA-A^* 02 : 01, A^* 02 : 06, A^* 31 : 01, and B^* 40 : 02の4種類のクラスIアレルが高頻度に含まれており、これらは再不貧の疾患感受性にも関与してい た。再不貧は、これらのHLA分子によって提示される自己抗原に特異的な細胞傷害性T細胞が、造血幹細胞を攻撃することによって発症することが示唆された。<br />Genomic analyses of patients with acquired aplastic anemia(AA) revealed the presence of leukocytes lacking an HLA haplotype as a result of uniparental disomy of chromosome 6p in 13% of patients. The missing HLA haplotypes were strongly biased to HLA-A^* 02 : 01, A^* 02 : 06, A^* 31 : 01, and B^* 40 : 02, which were over-represented in Japanese AA cases. Cytotoxic T lymphocytes specific to hematopoietic stem cell-derived auto-antigens presented by the particular HLAs was thought to trigger the development of AA.<br />研究課題/領域番号:21390291, 研究期間(年度):2009-2011 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051106
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

中尾, 眞二, Nakao, Shinji

金沢大学医薬保健研究域医学系

中尾, 眞二, Nakao, Shinji

日本内科学会 = The Japanese Society of Internal Medicine

中尾, 眞二, Nakao, Shinji

金沢大学医薬保健研究域医学系

中尾, 眞二, Nakao, Shinji

金沢大学医薬保健研究域医学系

中尾, 真二(1955-)

[中尾眞二]