Blank Cover Image

小児血液腫瘍性疾患に対する抗腫瘍効果のみを増強した新たな造血幹細胞移植療法の開発

フォーマット:
論文
責任表示:
西村, 良成 ; Nishimura, Ryousei
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学附属病院, 2012-05-17
著者名:
掲載情報:
平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2009-2011
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
Cytokine-induced killer(CIK)細胞は、同種骨髄移植モデルにおいて優れた抗腫瘍効果を示し、かつ重篤な急性移植片対宿主病(GVHD)を発症しない。しかしながら慢性GVHDを発症する場合がある。慢性炎症に関与するIL-17を欠損させた骨髄細胞を用いた場合、慢性GVHDが減弱した。IL-17を制御することで慢性GVHDを抑制し、抗腫瘍効果を維持した骨髄移植が可能かもしれない。<br />Cytokine-induced killer(CIK) c ells exert strong graft-versus tumor effect(GVT) without causing severe acute graft-versus-host disease(GVHD) in a murine model. However, in some cases CIK cells causes mild chronic GVHD. To reduce chronic GVHD, we studied the role of IL-17, which are involved in the pathogenesis of chronic inflammation, in a murine model. We demonstrated that the mice receiving bone marrow cells from IL-17 knockout mice showed very mild chronic GVHD compared to the mice receiving wild type bone marrow cells. Bone marrow transplantation augmented GVT without causing chronic GVHD might be possible by controlling IL-17. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051398
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

森下, 英理子, Morishita, Eriko

金沢大学医薬保健研究域保健学系

Deeg, H. J. (Hans Joachim), 1945-, 笠倉, 新平(1932-)

メディカル・サイエンス・インターナショナル

豊嶋, 崇徳

医薬ジャーナル社

河野, 文夫, 岡野, 千代美

南江堂

日本小児血液・がん学会

診断と治療社

中尾, 眞二, Nakao, Shinji

日本内科学会 = The Japanese Society of Internal Medicine

原田, 実根, 薗田, 精昭, 高上, 洋一

南江堂