Blank Cover Image

肝細胞癌発生過程における細胞老化の関与とその意義に関する分子病理学的研究

フォーマット:
論文
責任表示:
池田, 博子 ; Ikeda, Hiroko
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学附属病院, 2010-05-17
著者名:
掲載情報:
平成21(2009)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2009 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2008-2009
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
細胞老化は不可逆的な細胞周期の停止として定義されており、前癌病変におけるセネッセンス細胞の出現およびセネッセンスからの回避機序は腫瘍発生初期段階での重要なステップであると考えられている。分子病理学的に検討の結果、ヒト肝組織では肝硬変でセネッセンス関連マーカー発現細胞が出現し、肝ディスプラジア結節では消失していた。肝硬変は肝細胞癌の前癌病変である可能性が示唆された。<br />Cellular senescence is defined as the irrever sible arrest of cell cycle. Senescence in premalignant lesion and escape from senescence are thought to be important the early stage of tumoriogenesis. Senescence-associated markers are observed in cirrhotic liver and the markers disappear in dysplastic nodules. The results imply that the cirrhotic state already might to be premalignancy. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051411

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

佐々木, 素子, Sasaki, Motoko

金沢大学医学系

佐々木, 素子, Sasaki, Motoko

金沢大学医学系

金子, 周一, Kaneko, Shuichi

日本内科学会 = The Japanese Society of Internal Medicine

池田, 博子, Ikeda, Hiroko

金沢大学附属病院

佐々木, 素子, 宮腰, 菜沙美, 佐藤, 保則, 中沼, 安二

日本消化器免疫学会 / マイライフ社

原, 英二

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

佐々木, 素子, Sasaki, Motoko

金沢大学医薬保健研究域医学系

中沼, 安二

エーザイ株式会社