Blank Cover Image

ゼブラフィッシュを用いた遺伝性不整脈の病態解明と治療法の確立

フォーマット:
論文
責任表示:
蒲生, 忠雄 ; Gamou, Tadatsugu
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学附属病院循環器内科, 2014-05-22
著者名:
掲載情報:
平成25(2013)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2013 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2011-2013
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学附属病院<br />QT延長症候群(LQTS)90症例中27症例(30%)に、若年発症徐脈58症例中7症例(12%)に、孤立性心房細動90症例8症例(9%)に遺伝子変異が認められた。同定された遺伝子変異に対して機能解析を行ったところ、QT延長症候群で同定された12遺伝子変異、若年発症の徐脈の2変異,孤立性心房細動の2変異は機能喪失変異であり、孤立性心房細動3変異は機能亢進変異であった。ゼブラフィッシュ初期胚にLQTSの原因遺伝子の一つであるKCNH2のアン チセンスモルフォリノ単独を導入したところ房室ブロックを認めた。また、野生型ヒトKCNH2 mRNAを同時に注入したところ房室ブロックの改善が認められた。<br />Gene analysis showed mutations were found in 27 out of 90 patients with long QT syndrome, 7 out of 58 patients with inherited bradyarrhythmia, 8 out of 90 patients with lone atrial fibrillation. We performed cellular electrophysiological study for detected mutations. Sixteen mutations were loss of function mutations and 2 mutations were gain of function mutations. Morpholino KCNH2 knockdown in zebrafish embryos displayed a AV block and WT hHERG RNA injection restored normal repolarization.<br />研究課題/領域番号:23591078, 研究期間(年度):2011-2013 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051519
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

五十嵐,正男

医学書院

五十嵐, 正男(1932-), 山科, 章(1952-)

医学書院

小川, 聡

メジカルビュー社

若山, 友彦, Wakayama, Tomohiko

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University

五十嵐, 正男(1932-)

医学書院

小川, 聡

南江堂