Blank Cover Image

脂肪由来幹細胞を応用した骨軟部腫瘍切除後組織欠損の再生医療と蛍光イメージング評価

フォーマット:
論文
責任表示:
林, 克洋 ; Hayashi, Katsuhiro
言語:
日本語
出版情報:
2017-05-22
著者名:
掲載情報:
平成28(2016)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2016 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2014-04-01 - 2017-03-31
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学附属病院整形外科<br />間葉系幹細胞(MSC)においてp53蛋白は骨芽細胞分化や脂肪細胞分化を抑制する。同一個体からALT/WDL組織と正常脂肪組織を採取し、MSCを分離培養し、骨芽細胞分化能と脂肪細胞分化能を比較した。脂肪分化能においては、我々の予想に反して、正常脂肪由来MSCにおいてより多くの脂肪滴が認められた。対照的に、骨芽細胞分化能においては、ALT/WDL由来MSCでより高い分化能を認めた。ALP染色に基づく骨芽細胞分化能の差異はMDM2特異 的阻害薬Nutlin-3濃度が上昇するにつれて減少した。ALT/WDL由来MSCにおけるMDM2遺伝子の増幅がより高い骨芽細胞分化能をもたらしている可能性が示唆された。<br />We compared osteogenic and adipogenic differentiation potency between MSCs isolated and cultured from normal adipose tissues and atypical lipomatous tumor/well-differentiated liposarcoma (ALT/WDL) from the same patients. We found greater osteogenic differentiation potency in ALT/WDL-derived MSCs than in normal fat-derived MSCs. In adipogenic differentiation, contrary to our expectations, more fatty acid droplets were observed in normal fatderived MSCs than in ALT/WDL-derived MSCs. In osteogenic differentiation, as expected, MSCs derived from ALT/WDL had higher differentiation potency than normal fat-derived MSCs. The gap of osteogenic differentiation potency based on ALP staining between ALT/WDL-derived MSCs and normal fat-derived MSCs disappeared as Nutlin-3 concentration increased, suggesting that greater osteogenic differentiation could be caused by amplied MDM2 in ALT/WDL.<br />研究課題/領域番号:26462271, 研究期間(年度):2014-04-01 - 2017-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051524
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

高村, 雅之, Takamura, Masayuki

金沢大学医薬保健研究域医学系

林, 克洋, Hayashi, Katsuhiro

金沢大学附属病院整形外科

林, 克洋, Hayashi, Katsuhiro

金沢大学附属病院整形外科

土屋, 弘行, Tsuchiya, Hiroyuki

金沢大学医薬保健研究域医学系

五嶋, 謙一, Goshima, Kennichi

古屋, 光太郎, 大井, 淑雄

金原出版