Blank Cover Image

新規ケモカイン製剤の免疫賦活効果による肝癌の再発抑制効果をめざした免疫療法の開発

フォーマット:
論文
責任表示:
荒井, 邦明 ; Arai, Kuniaki
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学附属病院消化器内科, 2014-05-11
著者名:
掲載情報:
平成25(2013)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2013 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2011-2013
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
本研究は,肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法(RFA)と併用する樹状細胞(DC)療法の際にケモカイン製剤を投与することにより抗腫瘍免疫を増強し,二次発がんを抑制する治療法を開発することを目標とする.C型慢性肝炎患者由来のDCの細胞免疫学的特徴を解明し,種々の刺激誘導法を検討したところ,OK-432 添加刺激が抗原提示能,免疫賦活作用を著明に向上させたことが明らかになった.この刺激誘導培養法を用いたDCをRFA施行時に経皮的に癌組織へ注入する安全性臨床試験を開始した.OK-432 添加刺激を加えたDC併用RFAは有意に無再発生存期間を延長することが示された.<br />The aim of this study is development of secondary prevention for hepatocellular carcinoma (HCC) by enhancement of anti-tumor immunity stimulated by chemokine agents in radiofrequency ablation (RFA) therapy with dendritic cell (DC) injection into HCC. We analyzed cellular immune response of DC and various method of introduction of DC. We revealed that stimulation of OK-432 enhances antigen presentation activity and immunopotentiative action. We started clinical trial of OK-432 stimulated DC injection into HCC after RFA therapy. Progression free survival in the group treated with RFA + OK432 stimulated DC transfer was much better.<br />研究課題/領域番号:23790781, 研究期間(年度):2011-2013 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051546
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

水腰, 英四郎

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

水腰, 栄四郎, Mizukoshi, Eishiro

金沢大学医薬保健研究域医学系

吉川, 弘明, Yoshikawa, Hiroaki

金沢大学保健管理センター

塩川, 優一(1918-)

朝倉書店

岡, 慎一

国立国際医療センター病院エイズ治療・研究開発センター

藤井, 邦明, 山田, 外史, 池畑, 芳雄

金沢大学環日本海域環境研究センター = Institute of Nature and Environmental Technology, Kanazawa University, Japan

6 図書 結核の免疫

露口, 泉夫

結核予防会

山崎, 宏人, Yamazaki, Hiroto

金沢大学附属病院輸血部