Blank Cover Image

血管外血小板凝集による乳癌細胞の転移形質獲得の病態解明と新規治療法の開発

フォーマット:
論文
責任表示:
井口, 雅史 ; Inokuchi, Masashi
言語:
日本語
出版情報:
2017-05-11
著者名:
掲載情報:
平成28(2016)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2016 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2014-04-01 - 2017-03-31
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学附属病院<br />本研究では、血小板が癌の浸潤や転移を促進する癌微小環境の一因であることに着目し、乳癌における血小板の存在、上皮間葉転換(EMT)や化学療法の効果との関連を検討した。術前化学療法を行った原発性乳癌の生検標本を用いて免疫組織化学検査にて、検討した結果、血小板(CD42b発現)は59%に認め、腫瘍浸潤先進部や血管周辺の腫瘍細胞周囲に多く観察され、EMT様形態変化を認めた。またCD42b陽性例は、病理学的完全奏功(pCR)との間にも有意な相関を 認めた。以上より、乳癌における癌細胞周囲の血管外血小板の存在とEMTとの関連性が明らかとなり、癌治療のターゲットとして臨床応用が期待される研究となった。<br />We investigated the presence of platelets around breast cancer primary tumor cells, and the associations among platelets, tumor cells, chemoresistance, and epithelial-mesenchymal transition (EMT). We retrospectively analyzed data from patients with breast cancer who underwent neo-adjuvant chemotherapy. The presence of platelets(CD42b) was observed in 59% breast cancer biopsy pecimens. Platelet positive tumor cells showed EMT-like morphological changes and EMT marker expression. Primary tumor cells associated with platelets were less esponsive to neo-adjuvant chemotherapy. Platelets were an independent predictor of the response to chemotherapy upon multivariable analysis. In conclusion, platelets surrounding primary tumor cells were significantly associated with the chemotherapeutic response in breast cancer, and it may represent novel predictors of chemotherapeutic responses.<br />研究課題/領域番号:26461943, 研究期間(年度):2014-04-01 - 2017-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051555
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

山口, 貴久, Yamaguchi, Takahisa

金沢大学医薬保健研究域医学系

井口, 雅史, Inokuchi, Masashi

金沢大学附属病院

吉田, 栄人, Yoshida, Shigeto

金沢大学医薬保健研究域薬学系

池田, 康夫(1944-), 丸山, 征郎

メディカルレビュー社

田島, 秀浩, Tajima, Hidehiro

金沢大学附属病院肝胆膵・移植外科

斎藤, 英彦(1939-), 溝口, 秀昭(1938-), 井村, 裕夫(1931-)

中山書店

野村, 武夫(1929-), 古澤, 新平, 長尾, 大

中外医学社