Blank Cover Image

腫瘍脊椎骨全摘術後の骨欠損に対する自己脂肪由来幹細胞を用いた骨再

フォーマット:
論文
責任表示:
出村, 諭 ; Demura, Satoru
言語:
日本語
出版情報:
2015-06-04
著者名:
掲載情報:
平成26(2014)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2014 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2012-04-01 - 2015-03-31
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学附属病院脊椎・脊髄外科<br />脊椎腫瘍切除後の動物モデルで、脂肪由来幹細胞を脊椎骨欠損部での再建材料として用い、移植骨の骨形成への関わりを評価した。その結果、移植骨内に占める線維性結合組織面積、新生骨に占める層板骨の割合、骨形成速度の比較検討で、いずれも脂肪由来幹細胞群は対照群と比較して高値となった。移植骨の骨形成は線維性結合組織の増生に始まり、リモデリングを経て骨癒合に至るとされる。脂肪由来幹細胞群では対照群より早期の段階で層板骨が形成され、骨形成を 促進させることができると考えられた。<br />We investigated whether adipose derived regenerative cells (ADRCs) promote osteogenesis of the bone graft in total en bloc spondylectomy (TES) animal model. In control group, bone formation area was occupied by woven bone 2 weeks after surgery. In ADRCs group, lamellar bone was shown in a certain proportion 2 weeks after surgery, and the ratio of lamellar bone increased in both groups 4weeks after sugery. The Number of osteoblasts lined up on the osteoid surface tended to be large in ADRCs group. Under fluorescent light, there was few deposition of calcein in control group, in the meanwhile, there were defuse deposition which showed immature lamellar structure in ADRCs group 2 weeks after surgery. The orderly label line was shown that meant mature lamellar structure in both groups 4weeks after surgery. ADRCs used as materials of spinal reconstruction promoted osteogenesis of the bone graft in the early phase. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051559
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

北川, 景子, 酒井, 美智子, 室川, 真澄, 坂下, 寿里, 松本, 智里, 鈴, 愛子, 宮島, 大介, 山田, 由美子, 坂本, 舞, 徳田, 説子

金沢大学附属病院看護部

井上, 啓, Inoue, Kei

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University

村上, 英樹, Murakami, Hideki

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University

土屋, 弘行, Tsuchiya, Hiroyuki

金沢大学医薬保健研究域医学系

茂住, 宜弘

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

林, 克洋, Hayashi, Katsuhiro

金沢大学附属病院整形外科