Blank Cover Image

RAGEにより誘導される骨肉腫幹細胞モデルの確立とその分子機構の解明

フォーマット:
論文
責任表示:
竹内, 章彦 ; Takeuchi, Akihiko
言語:
日本語
出版情報:
2018-05-31
著者名:
掲載情報:
平成29(2017)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2017 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2015-04-01 - 2018-03-31
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健研究域医学系<br />後期糖化産物受容体(Receptor for advanced glycation end-products: RAGE)を強制発現させた骨肉腫細胞 (HOS-RAGE)はコントロール(HOS-mock)に対して幹細胞マーカー(Nanog, Sox2)を強く発現し、増殖能、遊走能が高かった。網羅的な遺伝子解析で、MYCの発現が更新し、さらに網羅的なmiRNAの解析ではある特定のmiRNAの発現が抑制されていた。それは他の癌腫 においてSOX2,NANOG,N-MYC を制御することが報告されており、RAGEがある特定のmiRNAを抑制することで幹細胞の性質を生み出している可能性が示唆された。<br />RAGE (receptor for advanced glycation end-products) overexpressing cells in osteosarcoma (HOS-RAGE)) showed the high cell proliferation and migration ability compared to the control (HOS-mock). HOS-RAGE strongly expressed the stem cell marker (NANOG and SOX2). Microarray analysis of gene expression profiling showed the upregulation of MYC (oncogene). Microarray analysis of miRNA expression profiling showed the downregulation of a certain miRNA. It has been reported that a certain miRNA regulated the expression of pluripotency genes such as SOX2, NANOG and N-MYC in other cancers. Our results suggest the RAGE could suppress the expression of a certain miRNA and may promote the cancer stem-like cell characteristics in osteosarcoma.<br />研究課題/領域番号:13555218, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2018-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051726
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

竹内, 章彦, Takeuchi, Akihiko

金沢大学医薬保健研究域医学系

隅屋, 寿, 滝, 淳一, 藤田, 拓也, 土屋, 弘行, 利波, 紀久

仲, 一仁, Naka, Kazuhito

金沢大学がん研究所

土屋, 弘行, Tsuchiya, Hiroyuki

金沢大学医薬保健研究域医学系

原田, 守

金沢大学がん研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University