Blank Cover Image

末梢体内時計の生理的・臨床的意義の解明と制御法の開発

フォーマット:
論文
責任表示:
安藤, 仁 ; Ando, Hitoshi
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系 / 自治医科大学, 2011-05-01
著者名:
掲載情報:
平成22(2010)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2010 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2009-2010
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
末梢体内時計の生理的意義と制御機構を解明するために、肥満2型糖尿病モデルであるob/obマウスの体内時計を解析した。ob/obマウスの体内時計障害は、(1)中枢時計には認められず、末梢組織特異的に認められ、(2)代謝異常が出現する以前の3週齢時より存在し、(3)レプチンの短期間投与により改善した。したがって、末梢時計障害は代謝異常の結果としては生じていないこと、末梢時計の制御にはレプチンシグナルが重要であることが明らかとなった。<br />To elucidate the physiological significance and controlling mechanism of peripheral clocks, the biological clocks in obese diabetic ob/ob mice were studied. The impairment of circadian clocks in ob/ob mice was (1) found in the peripheral tissues, but not in the suprachiasmatic nucleus (central clock), (2) detectable before the development of metabolic abnormalities, and (3) improved by short-term treatment with leptin. These results suggest that the impairment of peripheral clocks is not a result of metabolic derangement and that leptin signaling is important for maintaining the peripheral clock functions. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051774
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

安藤, 仁, Ando, Hitoshi

金沢大学医薬保健研究域医学系

杉山, 和久, Sugiyama, Kazuhisa

金沢大学医薬保健研究域医学系

安藤, 仁, Ando, Hitoshi

金沢大学医薬保健研究域医学系 / 自治医科大学

杉山, 和久

Japanese Ophthalmological Society = 日本眼科学会

安藤, 仁, Ando, Hitoshi

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

金沢大学医薬保健研究域医学系

宝田, 剛志, Takarada, Takeshi

金沢大学医薬保健研究域薬学系

中村, 充宏, Nakamura, Mitsuhiro

金沢大学附属病院産科婦人科

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

金沢大学医薬保健研究域医学系

東出, 朋巳, Higashide, Tomomi

金沢大学附属病院眼科