Blank Cover Image

仏教最大の聖地ブッダガヤの世界遺産と地域社会-問われる「世界遺産」の行方

フォーマット:
論文
責任表示:
前島, 訓子 ; Maejima, Noriko
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター — Center for Cultural Resource Studies Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University, 2018-03-31
著者名:
掲載情報:
金沢大学文化資源学研究 = Kanazawa cultural resource studies
ISSN:
2186-053x  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
通号:
20
開始ページ:
15
終了ページ:
25
バージョン:
publisher
概要:
How does given historical relics come to be reestablished as “World Heritage”? What does the actual transformation of the given local historical sites to be registered as “World Heritage” mean to local society? Und er these general concerns, this essay traces the local context of the registration of Mahabodhi Temple in Bodhgaya as World Heritage to shed a light on the local dynamics of the establishment of World Heritage that would point to the areas of conflict and negotiation or resolution thereof among stakeholders in the process. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00052176

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

岡本, 亮輔(1979-)

中央公論新社

今尾, 文昭(1955-), 高木, 博志(1959-)

思文閣出版

3 図書 世界遺産

青柳, 正規(1944-)

小学館

山村, 高淑(1971-), 張, 天新, 藤木, 庸介(1968-), 絹巻, 豊

世界思想社

4 電子ブック 世界遺産

世界遺産と地域づくり研究会

ぎょうせい

佐藤, 信(1952-)

山川出版社

蟻川, 明男

古今書院

上杉, 和央(1975-)

京都府立大学文学部歴史学科

平山, 郁夫(1930-), 樋口, 隆康(1919-)

講談社