Blank Cover Image

幼少期の親子関係が子育てやパートナーシップとしての対人関係に与える影響: 青年期男女について

フォーマット:
論文
責任表示:
木村, 留美子 ; Kimura, Rumiko
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学人間社会研究域人間科学系, 2004-05
著者名:
掲載情報:
平成15(2003)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2003 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
2001-2003
開始ページ:
42p.
バージョン:
author
概要:
近年、他者との対人関係に問題を抱えた若者が増加している。人が他者に対して形成している対人関係の様式は、その人が幼少期に親あるいはそれに代わる重要な人との間に形成された親子関係を基礎に発展させてきたものであり、幼少期の親子関係は子どもが親から受けた日々の世話の質によって異なる。Bowlbyはこれを愛着理論の中で「安定型」、「不安定型」、「回避型」に分類し、3つのアタッチメントスタイルとして報告している。そこで、本研究は、幼少期と成人期のアタッチメントスタイルが、人とのパートナー シップを身につけ、親になるための準備期として重要な青年期の発達課題を引き受けることにどのような影響を及ぼしているのかを検討した。対象は全国13県の大学、短大、専門学校生3086名(有効回答率92.6%)である。調査の結果、愛着理論による3つのアタッチメントスタイルに加え、本研究では「混合型]、「不安定回避型」、「不明瞭」の新たな3タイプが抽出された。[混同型]と「不安定回避型」はひとりの人の中に異なるタイプが混在したタイプであり、[不明瞭型]はどのタイプにも分類できない、全ての特徴が明らかでないタイプであった。幼少期に形成された「安定型」と「不安定回避型」のアタッチメントは他のタイプに比べて大人になっても変化する割合が少なく、幼少期に形成されたアタッチメントの影響を強く受けていた。また、アタッチメントスタイルは学生の対人関係や子どもに対する感情、そして将来の親像との間にも強い関連があった。<br />Recently, young adults are increasing who have problems which are personal relationships for other people. The relationships was grown on the basis of a relationship which the child has formed between parent or significant others in childhood. And it has various types owing from a quality of the daily childcare he had. Bowlby classified into 3 types of "secure", "insecure" and "avoidant" in his attachment theory.Therefore, in this study investigated that an attachment style in childhood and adolescence how influence undertaking a developmental task.In this research, it conducted a survey on 3086 students of university, junior college and vocational school who consented for investigation at 13 prefectures nationwide. As a result, in addition to former attachment styles, there are extracted newly 3 types attachment styles of "mixed", "insecure/avoidant" and "indistinct". "Mixed" and "insecure/avoidant" are the type that. Intermingled with different type of attachment style in a person. And "indistinct" is dissimilar to any type and any feature is ambiguity. Attachment types of "secure" and "insecure/avoidant" have few rations of transformation as compared with other types when he grown up. And these are affected strongly by attachment style formed in childhood. Also, the attachment style strongly relates to personal relationships, feeling for child and an image of becoming a parent in the future of subjects.<br />研究課題/領域番号:13672450, 研究期間(年度):2001-2003 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00052720
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

加藤, 隆勝(1931-)

大日本図書

木村, 留美子, Kimura, Rumiko

日本看護科学学会 = Japan Academy of Nursing Science

金子, 由美子(1956-)

岩波書店

木村, 留美子, Kimura, Rumiko

日本看護科学学会 = Japan Academy of Nursing Science

木村, 留美子, 四塚, 隆子, 森田, 真理子, Kimura, Rumiko

日本看護科学学会 = Japan Academy of Nursing Science