Blank Cover Image

越境のライフ・ストーリー: ある北タイ・ラフ族男性にとっての国家・国境・国籍

フォーマット:
論文
責任表示:
西本, 陽一 ; Nishimoto, Yoichi
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学人間社会研究域人間科学系, 2019-03-31
著者名:
掲載情報:
金沢大学人間科学系研究紀要 = Bulletin of the Faculty of Human Sciences Kanazawa University
ISSN:
1883-5368  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
11
開始ページ:
1
終了ページ:
17
バージョン:
publisher
概要:
本稿は、タイ北部のラフ族男性(60~70 歳代)によるライフ・ストーリーを提示し、キリスト教徒ラフ族住民が、国家、国境、国籍についてどのような認識をもっているか考察するものである。ラフ族はミャンマー・シャン州やタイ北部などに暮らす少数民族で、歴史的には焼畑耕作に伴う移動の他、中央政府の直接統治拡大やミャンマーでの民族紛争により移動を繰り返してきたが、近年には政府規制などによりその移動性は大きく制限されるようになった。本稿で提示するラフ族男性のライフ・ストーリーが示すのは、各民 族に所有された複数の勢力圏からなる前近代的な世界観であり、国民国家的な世界観とは異なる国家、国境、国籍にかんする認識である。<br />This paper describes the life story of a Lahu elderly man in Northern Thailand and studies how such abstract ideas as nation-state, national border, and citizenship are perceived by Christian Lahu people living in Northern Thailand. The Lahu people, now found in Myanmar’s Shan States and Northern Thailand, are one of the highland dwelling ethnic minorities and had historically high mobility due to their swidden cultivation, the pressures of expanded governmental controls, and prolonged ethnic wars in Myanmar. This Lahu elder’s life story reveals a Christian Lahu conception that the world is not comprised of different nation-states but of diverse power circles of lowland peoples in which the Lahu are not citizens of a nation-state but a weak and subordinated group in the ethnic power relations. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00053901

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

西本, 陽一, Nishimoto, Yoichi

金沢大学人間社会研究域人間科学系

西本, 陽一

金沢大学文学部

西本, 陽一, Nishimoto, Yoichi

金沢大学人間社会研究域人間科学系

Nishimoto, Yoichi, 西本, 陽一

金沢大学人間社会研究域人間科学系

西本, 陽一(1965-), 服部, 一人

西本陽一, 服部一人

西本, 陽一, 堀江, 未央

西本 陽一(編), 金沢大学人間科学系

服部, 一人, 西本, 陽一(1965-)

[西本陽一]

Nishimoto, Yoichi

International Center for Cultural Resource Studies, Kanazawa University

西本, 陽一(1965-)

金沢大学人間社会研究域

西本, 陽一

金沢大学人間社会研究域 / Kanazawa University

西本, 陽一

金沢大学人間社会研究域 / Kanazawa University