Blank Cover Image

卵管上皮に対する月経と排卵に伴う液性因子の発がん誘導作用の解析

フォーマット:
論文
責任表示:
水本, 泰成 ; Mizumoto, Yasunari
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学附属病院産科婦人科, 2019-05-30
著者名:
掲載情報:
平成30(2018)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2016-04-01 - 2019-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
卵巣癌の一部は卵管上皮由来であるとされている。また、卵管結紮や低用量ピルの使用は卵巣癌の発症を抑制する疫学データがある。卵管上皮が月経血や卵胞液に暴露する機会が減少することが卵管上皮の遺伝子異常の蓄積に関与するとの作業仮説を立て、ヒト卵管上皮不死化細胞を作成し、実験的な検証を行った。今回我々の行った系では、発癌に関与する可能性のある遺伝子変異の蓄積を示せなかった。<br />Some of ovarian cancers are proven to be orig inated from fallopian tube epithelium. On the other hand, tubal ligation or use of oral contraceptives are epidemiologically proven to decrease ovarian cancer incidence. We hypothesized that the soluble factor associated with menstrual blood or follicular fluid induces genetic mutation, thus leads to carcinogenesis of fallopian tubal carcinogenesis. We planed the experiment using iFTE(immortalized Fallopian Tuval Epithelium) in vitro, but failed to demonstrate the involvement of menstrual blood or follicular fluid in its carcinogenesis. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00054298

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 図書 排卵と月経

岡村, 均

中山書店

きくち, さかえ, 鈴木, 賀世子, 早乙女, 智子

小学館

水本, 泰成, Mizumoto, Yasunari

金沢大学附属病院産科婦人科

鈴木, 堅太郎

金沢大学がん研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

水本, 泰成, Mizumoto, Yasunari

金沢大学附属病院産科婦人科

久野, 耕嗣, Kuno, Koji

金沢大学がん進展制御研究所

水本, 泰成, Mizumoto, Yasunari

金沢大学附属病院産科婦人科

藤原, 浩, Fujiwara, Hiroshi

金沢大学医薬保健研究域医学系

仲野, 良介

金原出版

岡田, 光, Okada, Hikari

金沢大学医薬保健学総合研究科

12 図書 卵管疾患

貴家, 寛而

金原出版