Blank Cover Image

プロスタグランジン輸送体を基盤とする肺線維化とその抑制手法に関する研究

フォーマット:
論文
責任表示:
中西, 猛夫 ; Nakanishi, Takeo
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域薬学系, 2019-06-18
著者名:
掲載情報:
平成30(2018)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2015-04-01 - 2019-03-31
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
炎症反応に重要なプロスタグランジンE2(PGE2)を認識する膜輸送体OATP2A1が間質性肺炎(肺線維症)に果たす役割を評価した。肺胞上皮細胞に強く発現するOATP2A1により肺胞腔中のPGE2が肺胞上皮を通過し組織への輸送されることが示された。Oatp2a1機能を喪失した間質性肺炎マウスモデルでは肺胞腔中にPGE2がうっ滞し、肺組織の炎症が増悪したことから、OATP2A1機能が肺恒常性維持に重要であることが実証された。さらに、OATP2A1の機能に影響を及ぼす医薬品が同定さ れ、低分子化合物を用いた本輸送体機能調節が可能であることが判明した。本成果は総説を含む13報の論文に報告された。<br />Expression of functional prostaglandin transporter (OATP2A1/SLCO2A1) responsible for local distribution of an inflammatory mediator, prostaglandin E2 (PGE2), was investigated in the lungs using animal and cellular models for pulmonary fibrosis. Oatp2a1 was found to be expressed at the apical membranes of type 1 alveolar epithelial cells (AT1) in the mouse lungs, and to mediate transcellular transport of PGE2 from alveolar lumen to interstitial tissues. In a bleomycin-induced pulmonary fibrosis model, PGE2 was accumulated in the alveolar cavity and interstitial pneumonia was aggravated in Slco2a1-/- mice, indicating an essential role of OATP2A1 in the lung homeostasis. Furthermore, several small compounds were fund to alter OATP2A1 function based on in vitro screening. These findings are useful to develop a therapeutic strategy to prevent the lungs from severe inflammation and fibrosis.<br />研究課題/領域番号:15H04755, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2019-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00055120
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

中西, 猛夫, Nakanishi, Takeo

金沢大学医薬保健研究域薬学系

中西, 猛夫, Nakanishi, Takeo

金沢大学医薬保健研究域薬学系

中西, 猛夫

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

竹原, 和彦, Takehara, Kazuhiko

金沢大学医薬保健研究域医学系

和田, 隆志, Wada, Takashi

金沢大学医薬保健研究域医学系

藤本, 学, Fujimoto, Manabu

筑波大学 / 金沢大学医薬保健研究域医学系

竹原, 和彦, Takehara, Kazuhiko

金沢大学医薬保健研究域医学系