Blank Cover Image

膠原病で検出された160kDaタンパクに対する自己抗体の抗原解析

フォーマット:
論文
責任表示:
藤木, 明子 ; Fujiki, Akiko
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学附属病院皮膚科, 2019-05-30
著者名:
掲載情報:
平成30(2018)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2017-04-01 - 2019-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
膠原病では抗核抗体および疾患特異的自己抗体が高率に検出される。それぞれの自己抗体は臨床的特徴を有している。我々は免疫沈降法による自己抗体のスクリーニングにて160kDa蛋白に対する新規自己抗体を検出した。MS解析にて抗原蛋白はscaffold attachment factor Bと判明した。抗SAFB抗体は全身性強皮症や多発性筋炎、皮膚筋炎、間質性肺疾患の患者で認められ、レイノー現象や爪上皮出血点を有していた。抗SAFB抗体は間質性肺疾患に関連した新規膠原病自己抗体であると 考えた。<br />Antinuclear antibodies (ANAs) are a hallmark of autoimmune connective tissue diseases(CTD).The CTD-related autoAbs are associated with specific clinical features.During the screening process using immunoprecipitation assays in sera, we found several sera that occasionally reacted with a protein with a molecular weight of 160 kDa. Using a series of biochemical and molecular analyses, the autoantigen targeted by this Ab specificity was identified as scaffold attachment factor B (SAFB).The anti-SAFB Ab was detected in a small number of patients with systemic sclerosis, polymyositis/dermatomyositis and interstitial lung disease (ILD).Patients with anti-SAFB Ab had Raynaud’s phenomenon and nail fold punctate hemorrhage.Anti-SAFB Ab is a novel CTD-related autoAb possibly associated with ILD.<br />研究課題/領域番号:17K16331, 研究期間(年度):2017-04-01 - 2019-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00055850
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

横山, 茂, Yokoyama, Shigeru

金沢大学子どものこころの発達研究センター

7 図書 膠原病

本間, 光夫

金原出版

東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター, 山中, 寿(1954〜), 谷口, 敦夫, 桃原, 茂樹

メジカルビュー社

竹原, 和彦(1954-)

先端医学社

東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター, 鎌谷, 直之(1948-), 戸松, 泰介, 原, まさ子, 山中, 寿(1954〜)

メジカルビュー社

中尾, 眞二, Nakao, Shinji

金沢大学医薬保健研究域医学系

東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター, 針谷, 正祥, 猪狩, 勝則

メジカルビュー社

高松, 博幸, Takamatsu, Hiroyuki

金沢大学医薬保健研究域医学系

東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター, 原, まさ子

[東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター]

6 図書 膠原病

畔柳,武雄

医学書院