Blank Cover Image

(間)主観性の観点から見た日英語表現に関する認知言語学的研究

フォーマット:
論文
責任表示:
堀田, 優子 ; Horita, Yuko
言語:
日本語
出版情報:
2020-07-13
著者名:
掲載情報:
令和1(2019)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2019 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2015-04-01 - 2020-03-31
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系<br />本研究では、特に「他動性」と「主語」にまつわる英語と日本語の様々な表現を取り上げ、認知言語学の客観性・(間)主観性の観点から、日英語の表現形式とそれに反映される事態把握の仕方との関係性について明らかにしようとするものである。中でも、「他動性」にまつわる英語の同族目的語構文や移動使役構文の拡張パターンについて、その動機づけを事態認知の観点から説明した。また、「主語」については、日本語の小説とその英語翻訳からなる、日英 語のパラレル・コーパスを作り、主語が表されていない日本語表現に対して英語翻訳では特にyouやweが用いられている場合に着目して(間)主観性の観点から分析を試みている。<br />This study aims to explicate the relationship between objectivity/(inter)subjectivity, which are associated with Cognitive Grammar (Langacker 1987,1991), and English and Japanese expressions, in particular, related to‘transitivity’or with/without a grammatical subject. The present study has clarified a motivation for certain extended patterns in English cognate object constructions and caused-motion constructions by examining them in terms of‘construal.’Moreover,the parallel corpus I made consisting of a Japanese novel and its English translation helps me compare the two texts understanding the context and especially explore a motivation for the choice of referring expressions (e.g.‘you’or‘we’) in the subject position in English translations of Japanese original sentences without a grammatical subject, from the perspective of (inter)subjectivity.<br />研究課題/領域番号:15K02594, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2020-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00056802
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

堀田, 優子, Horita, Yuko

金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系

野村, 益寛(1963-)

ひつじ書房

林, 佐和子

金沢大学人間社会学域経済学類社会言語学演習

翟, 东娜

金沢大学人間社会環境研究科

籾山, 洋介(1961-)

研究社

中村, 芳久

くろしお出版

堀田, 優子

金沢大学文学部