Blank Cover Image

口腔領域混合感染症の発生機序および病原性に関する研究

フォーマット:
論文
責任表示:
中川, 清昌 ; Nakagawa, Kiyomasa
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医薬保健研究域医学系, 1998-03
著者名:
掲載情報:
平成9(1997)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 1997 Fiscal Year Final Research Report Summary
巻:
1995-1997
開始ページ:
8p.
バージョン:
author
概要:
私は歯性感染症が発症、進展する上で、起炎菌どうしの相互作用が大きな役割を果たしているものと考え、研究を行った。基礎的研究を行うにあたり、まず臨床検体からの菌の分離状況に注目した。その結果、Streptococcus、Peptostreptococusといったグラム陽性球菌とPrevotella、Fusobacteriumといった嫌気性グラム陰性桿菌との組み合わせが、重症症励に多いことを見いだした。そこで特に分離頻度の多い通性嫌気性グラム陽性球菌であるStreptococcus constellatus、偏性嫌気性グラム陰性桿菌であるFusobacterium nucleatum、Prevotella intermediaに注目し、マウス膿瘍モデルを用いてこれらの菌の病原性の相乗効果について検討した。その結果、あらゆる組み合わせで、菌の病原性の相乗作用が認められた。次にこうした菌の相乗作用の機構の解明を目的に研究を行った。この研究には、S.constellatus、F.nucleatumを用いて、2菌間の病原性の相乗作用の機構についてin vivoにて実験を行った。その結果、F.nucleatumの耐熱性の菌体外産生物質がhostの免疫系に作用し、S.constellatusの病原性を増強していることが判明した。一方、S.constellatusは生菌で存在すればF.nucleatumの病原性を向上させるが、その菌体外産生物質はなんらこの相互作用に寄与しないことが判明した。私はこのS.constellatusの働きについて、酸化還元電位に注目した。すなわち、S.constellatusが局所の酸化還元電位を低下させることにより、他の嫌気性菌の発育を向上させるという仮説をたてた。そこで、S.constellatusとF.nucleatum、P.intermediaについてin vitroにて、菌数と酸化還元電位の変動について検討を行った。するとこれらの菌を単独で液体培地にて培養しても、培地の酸化還元電位は低下しないが、S.constellatusと他の嫌気性菌を混合して培養すると、培地の酸化還元電位は低下し、嫌気性菌は単独培養時よりも増加することが判明した。このことから、S.constellatusが生体においても嫌気性菌との共存下において、局所の酸化還元電位を下げ、嫌気性菌の増殖を促進し、このことが病原性の相乗作用の一因となっていることが示唆された。こうした一連の研究から、菌性感染症の発症、憎悪の機構の一部が解明されたと考える。<br />In our previous clinical study, it appeared mixed infection of Steptococcus and anaerobic gram-negative rods was detected in severe odontogenic infections. Thus, we determined the characteristics of microbial interaction of Steptococcus constellatus and Fusobacterium nucleatum, which were the prime pathogens of orofacial odontogenic infection. In the study using murine abscess model, the microbial synergism between S.constellatus and F.nucleatum was found. In this synergism, the product of S.constellatus was not able to enhance F.nucleatum virulence. In contrast, it appeared the heat-stable substance in the product of F.nucleatum could enhance the virulence of S.constellatus. Moreover, it appeared the modulation of host cells function caused by F.nucleatum was one of mechanisms of this microbial synergism. We considered the oxdation-reduction potential (Eh) as the role of enhancement of F.nucleatum virulence caused by S.constellatus. Our in vitro study indicated that the occurrence of mixed infection of the oral region was closely related to the Eh and that the pathogenicity of bacteria was dependent largely on the combination of Viridans streptococci and anaerobes.<br />研究課題/領域番号:07672164, 研究期間(年度):1995-1997 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00056916
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

山本, 美朗, 島原,政司, 有吉,靖則

学建書院

Kuriyama, Tomoari, Nakagawa, Kiyomasa, Kawashiri, Shuichi, Yamamoto, Etsuhide, Nakamura, Shinichi, Karasawa, Tadahiro

Elsevier

齊木, 康正, Saiki, Yasumasa

金沢大学

斎木, 康正

金沢大学十全医学会

中川, 清昌

金沢大学十全医学会

中川, 清昌, Nakagawa, Kiyomasa

金沢大学医薬保健研究域医学系

岡本, 成史, Okamoto, Shigefumi

金沢大学医薬保健研究域保健学系

奥田,克爾

一世出版