Blank Cover Image

骨軟部腫瘍切除後欠損に対する脂肪由来幹細胞再生医療の新たなアプローチ

フォーマット:
論文
責任表示:
林, 克洋 ; Hayashi, Katsuhiro
言語:
日本語
出版情報:
2020-05-18
著者名:
掲載情報:
令和1(2019)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2019 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2017-04-01 - 2020-03-31
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健学総合研究科<br />脂肪由来幹細胞(ADSC)の骨腫瘍切除後の欠損に対する骨再生効果を確認した。in vitroにおいて、ADSCによる凍結自家処理骨再生能を検討し骨芽細胞のSmadシグナルやJNKシグナルが有意に活性化、骨形成を促す液性因子を産生している可能性が確認され、in vivo実験モデルで、凍結自家処理骨にADSCを添加することで、骨再生の亢進が確認された。In vitroでのBMPの発現効果やDiIの分布などとあわせ、ADSCは骨に 直接分化したより、周囲に存在して骨形成サイトカインを分泌し骨形成を促進したと考えられた。今後ADSC添加による臨床応用が期待される。<br />Adipose-derived stem cells (ADSCs) have multipotentiality equivalent to bone marrow derived stem cells. We examined the ability of ADSCs to revitalized frozen bone toward clinical application of bone tumor surgery. In a conditioned culture method, proliferation and signaling pathways (Smad and JNK) of osteoblasts affected by ADSCs were examined using cell proliferation and Western blotting assays, and they were significantly enhanced. The methods confirmed osteoblast differentiation and osteogenesis-promoting action of ADSCs. Next, the femoral shafts of rats were excised, frozen in liquid nitrogen, and then reimplanted as an autologous bone transplant. Histopathologic examination was performed to assess its revitalization ability, and bone revitalization was observed significantly more with than without ADSCs in week 8. The osteogenesis-promoting action of ADSCs for frozen bone was suggested. Using ADSCs to promote revitalization of frozen bone is expected in the future.<br />研究課題/領域番号:17K10962, 研究期間(年度):2017-04-01 - 2020-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00057935
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

林, 克洋, Hayashi, Katsuhiro

金沢大学附属病院整形外科

林, 克洋, Hayashi, Katsuhiro

金沢大学附属病院整形外科

野島, 孝之, Nojima, Takayuki

金沢大学附属病院整形外科 / 金沢医科大学

高村, 雅之, Takamura, Masayuki

金沢大学医薬保健研究域医学系

五嶋, 謙一, Goshima, Kennichi

Slack, J. M. W. (Jonathan Michael Wyndham), 1949-, 八代, 嘉美(1976-)

岩波書店