Blank Cover Image

物理教育におけるアクティブ・ラーニングの国際比較研究

フォーマット:
論文
責任表示:
吉永, 契一郎 ; Yoshinaga, Keiichiro
言語:
日本語
出版情報:
2019-06-18
著者名:
掲載情報:
平成30(2018)年度 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2017-06-30 – 2019-03-31
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援系<br />アジアの有力大学物理学科への訪問調査から、物理学科では、伝統的なカリキュラムや教育方法に忠実で、アクティブ・ラーニングの導入は部分的に止まることが明らかになった。今日、物理教育は、二つの問題に直面している。一つ目は、意欲と能力の高い学生を確保するために、AO入試の役割が高まっていることである。もう一つは、STEM人材育成のための基礎科目として、他分野の学生を教育する必要性が高まっていることである。いずれについて も、これまでのような教育と研究の両立は難しく、新たな教育組織、教育専任の教員によって、教育方法が模索されている。<br />Site visits to major research universities in Asia revealed that physics departments value the traditional curriculum and teaching. The introduction of active learning in the discipline is limited to LMS, flipped classrooms, and some student projects. The departments still focus on the training of researchers.Today, physics education faces two issues. One is the lowering academic standards of entrants. To cope with this, the physics departments are working on their own admissions and subject tests. The other is the rising need to teach physics to non-physics majors. In each case, the traditional ideal of the nexus between teaching and research is becoming difficult to maintain. For this reason, many universities set up physics teaching centers or hire faculty members whose main mission is teaching. Physics is an example of the traditional discipline which faces the reconsideration of its roles and responsibilities regarding teaching and admissions.<br />研究課題/領域番号:17K18618, 研究期間(年度):2017-06-30 – 2019-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00058360
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

中井, 俊樹

玉川大学出版部

Bonwell, Charles C., Eison, James A., 1950-, 高橋, 悟

海文堂出版

溝上, 慎一(1970-)

東信堂

小林, 忠資, 鈴木, 玲子

医学書院

溝上, 慎一(1970-)

東信堂

松下, 佳代(教育学), 石井, 英真(1977-)

東信堂

安永, 悟, 関田, 一彦(1960-), 水野, 正朗

東信堂