Blank Cover Image

オリジナルの脂肪由来幹細胞シートを用いた骨欠損再建法の開発

フォーマット:
論文
責任表示:
宇賀治, 修平 ; Ugaji, Shuhei
言語:
日本語
出版情報:
2020-04-16
著者名:
掲載情報:
令和1(2019)年度 科学研究費補助金 若手研究 研究成果報告書 = 2019 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2018-04-01 – 2020-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学附属病院<br />本研究では、脂肪由来幹細胞(ADSC)と骨形成誘発ADSCシートの両方がラット遠位大腿骨骨幹端骨欠損モデルで骨治癒を促進できるかどうかを調査した。45匹のラットを3つのグループに割り当てた。(1)対照グループ。 (2)ADSCシートグループ。(3)骨形成誘発性ADSCシート群。手術後の毎週のコンピューター断層撮影スキャンの分析、組織学的分析、およびDiIラベリングにより、各グループを評価した。放射線学的,組織学的評価は、穴の一部が手術後 4週間でコントロールグループに残存したが、両方のシートグループは完全に復元された。 ADSCおよび骨形成誘発性ADSCシートは、骨欠損部で治癒を促進した。<br />In the present study, we investigated whether both adipose-derived stem cell (ADSC) and osteogenic-induced ADSC sheets could promote bone healing in a rat distal femoral metaphysis bone defect model.Forty-five rats were randomly assigned to three groups: (1) control group; (2) ADSC sheet group; or (3) osteogenic-induced ADSC sheet group.Radiological and histological evaluations showed that a part of the hole persisted in the control group at four weeks after surgery, whereas the hole was restored almost completely by new bone formation in both sheet groups.The ADSC and the osteogenic-induced ADSC sheets promoted significantly quicker bone healing in the bone defect. Moreover, the osteogenic-induced ADSC sheet may be more advantageous for bone healing than the ADSC sheet because of the higher number of osteocalcin positive osteoblasts via the transplantation.<br />研究課題/領域番号:18K16649, 研究期間(年度):2018-04-01 – 2020-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00058816
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

井上, 啓, Inoue, Kei

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University

林, 克洋, Hayashi, Katsuhiro

金沢大学附属病院整形外科

宇賀治, 修平

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University