Blank Cover Image

核膜孔複合体ダイナミクス機序の解明とナノポア再構成へのアプローチ

フォーマット:
論文
責任表示:
Wong, Wung Chuen Richard ; Wong, W. R.
言語:
日本語
出版情報:
2015-06-17
著者名:
掲載情報:
平成26(2014)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2014 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2011-04-01 – 2015-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学ナノ生命科学研究所<br />細胞核膜上に多数ある核膜孔は核膜孔複合体から成り立っており、その複合体は約30 種類の核膜孔複合体因子(ヌクレオポリン)から構成されている。本研究課題では、NPCタンパク質の詳細な細胞内動態を解析すると共に、ナノポアの再構成を試みることを目的としている。これら見出した結果について、Cell Cycle誌の表紙を含む7つの論文を発表した (図1)(インパクトファクターは平均~5)本研究課題で本研究室に在籍した4人の大学院生は、全 員に受賞実績がある。<br />The nuclear pore complex (NPC) is the major gatekeeper of macromolecular traffic between the nucleus and cytoplasm. It is composed of multiple subunits comprising ≈30 proteins called nucleoporins. During cell division, transmembrane nucleoporins and nuclear envelope membrane fragments move to the endoplasmic reticulum, while other nucleoporins are disassembled into subcomplexes that are distributed throughout the mitotic cytoplasm to kinetochore, spindle and centrosome regions. In this project, we are investigating the association of NPC proteins assembly and disassembly during cell division. We constantly published peer-reviewed papers with impact factor 5 and our graduate students all received awards in the society or conferences.<br />研究課題/領域番号:23310151, 研究期間(年度):2011-04-01 – 2015-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00058831
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

伊藤, 正樹, Ito, Masaki

金沢大学理工研究域生命理工学系 / 名古屋大学

Wong, Yau-Chuen

Dekker

源, 俊成, Minamoto, Toshinari

金沢大学がん進展制御研究所

Wong, Yau-Chuen, Ng, Kung-fu

Clarendon Press

吉森, 保, 水島, 昇(1966-), 中戸川, 仁, 大隅, 良典

南山堂

橋爪, 智恵子

Japanese Biochemical Society = 日本生化学会

大熊, 勝治, Ohkuma, Shoji

金沢大学薬学部

岡田, 光, Okada, Hikari

金沢大学医薬保健学総合研究科

吉田, 昌平, Yoshida, Shohei

金沢大学附属病院循環器内科