Blank Cover Image

光学的方法を用いた組織間質液イオン環境の非侵襲的測定法開発

フォーマット:
論文
責任表示:
Puppulin, Leonardo
言語:
日本語
出版情報:
2019-06-20
著者名:
Puppulin, Leonardo  
掲載情報:
平成30(2018)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2016-04-01 – 2019-03-31
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学ナノ生命科学研究所 / 京都府立医科大学<br />ラマン分光を用いた新規のpH(酸性度)計測技術を開発し、癌細胞外近傍の微小局所領域約20ナノメートル(1ナノメートルは1メートルの10億分の1の大きさで、20ナノメートルは細胞の大きさの約1千分の1の大きさである)での酸性度合を測定することに成功しました。その結果、癌細胞近傍の超微小局所領域が極度の酸性環境になっていることを明らかにしました。この癌細胞周囲超微小局所環境の極度の酸性環境であることが明らかに なったことは、今後癌治療にも応用される可能性も秘めています。本研究成果をもとに、今後は各種癌細胞周囲局所で酸性度合いを検証し、癌転移予防法の新規開発も期待されます。<br />We exploited the remarkable optical properties of gold nanoparticles and their ability to conjugate with different thiol-containing molecular compounds to develop a method for highly localized pH bio-sensing using Raman spectroscopy. The strategy for gold nanoparticles conjugation was specifically designed to efficiently target the cell membrane proteins and to quantify the local pH by collecting the Raman scattering of the 4-MBA monolayer assembled on the gold surface. Experiments on HepG2 human liver cancer cells and MKN28 gastric cancer cells proved the successful anchoring of the gold nanoparticles to the outer cell membrane and showed substantial acidification of the extracellular surface pH. The proposed method of analysis can be used as a simple and viable tool to investigate and unfold the dynamics of proton exchange in cells, even after exposure to different pharmacological treatments or different physiological conditions.<br />研究課題/領域番号:16K18990, 研究期間(年度):2016-04-01 – 2019-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00058997
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

松田, 博史, 隅屋, 寿, 辻, 志郎, 大場, 洋, 寺田, 一志, 今井, 啓子, 久田, 欣一, 東, 壮太郎, 藤井, 博之

北陸循環器核医学研究会 = Hokuriku Nuclear Medicine Circulation Conference

東田, 陽博

金沢大学, 金沢大学21世紀COEプログラム「発達・学習・記憶と障害の革新脳科学の創生」

稲垣, 義明

朝倉書店

木川田, 隆一, 加藤, 陽一

新興医学出版社

竹田, 晋浩, 坂本, 篤裕

克誠堂出版

藤本, 由美子, 大桑, 麻由美, 中谷, 壽男, 真田, 弘美, 佐藤, 文

金沢大学つるま保健学会 = Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University