Blank Cover Image

慢性腎臓病と臓器連関の病態におけるergothioneine/OCTN1の関与

フォーマット:
論文
責任表示:
篠崎, 康之 ; Shinozaki, Yasuyuki
言語:
日本語
出版情報:
2016-05-23
著者名:
掲載情報:
平成27(2015)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2015 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2014-04-01 – 2016-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健研究域医学系<br />本研究は,慢性腎臓病と腸管トランスポーターとの関連を,OCTN1およびその基質である食餌由来の抗酸化物質,ergothioneineに着目して検討したものである.CKDモデルマウスの小腸では,管腔側の細胞膜上に局在するOCTN1が減少し,ergothioneineの取り込みが低下していた.Ergothioneineが欠乏しているOCTN1ノックアウトマウスのCKDモデルでは,酸化ストレスが増大し,腎線維化が増悪することが確認 された.これらの結果は,慢性腎臓病において腎臓と腸管との間に臓器連関が存在すること,および腎臓-腸管連関がCKDの進展に関与している可能性を示すものである.<br />This study examined the association between chronic kidney disease and intestinal transporter. We focused on organic cation transporter 1 (OCTN1) and its substrate, ergothioneine, which is the antioxidant material derived from diet. OCTN1 expression on the apical side of intestinal cell membrane decreased in chronic kidney disease (CKD) model mice, and the uptake of ergothioneine also decreased. In the OCTN1 knockout mice, which lacked ergothioneine, the increase of oxidative stress and exacerbation of kidney fibrosis were confirmed in CKD model. These results showed the presence of the linkage between CKD and intestinal transporter and this linkage might associate with clinical progress of CKD.<br />研究課題/領域番号:26860631, 研究期間(年度):2014-04-01 – 2016-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00059240
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

松尾, 清一(1950-)

医薬ジャーナル社

小森, 久和, Komori, Hisakazu

金沢大学医薬保健研究域薬学系

佐々木, 成

最新医学社

辻, 彰, Tsuji, Akira

金沢大学自然科学研究科

篠﨑, 康之, Shinozaki, Yasuyuki

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University

6 図書 腎臓病

遠山, 豪, 松本, 常男

創元社