Blank Cover Image

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を背景とした肝硬変における形態変化機構の解明

フォーマット:
論文
責任表示:
尾崎, 公美 ; Ozaki, Kumi
言語:
日本語
出版情報:
2017-06-07
著者名:
掲載情報:
平成28(2016)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2016 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2014-04-01 – 2017-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健研究域医学系<br />非アルコール性脂肪肝炎による肝硬変はウイルス性ならびにアルコール性肝硬変とは異なる形態学的変化を来す。これら原因間での差異は肝硬変がChild-Pugh class A、B、C群と進行するに従って縮小する。組織学的にも同様の傾向が認められるが、原因の解明までは画像や組織による静的検討では困難であり、肝硬変の構築の過程に関しては動的な要素を含めた更なる検討が必要と思われる。<br />Morphometric ch anges of cirrhosis display different patterns according to etiology (hepatitis virus infection, alcoholism, and nonalcoholic steatohepatitis). Differences between etiologies would decrease with progression of cirrhosis.<br />研究課題/領域番号:26860539, 研究期間(年度):2014-04-01 – 2017-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00059243
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

山下, 太郎, Yamashita, Taro

金沢大学附属病院総合診療部

三田村, 圭二

メジカルビュー社

織田, 敏次(1922-)

南江堂

3 図書 肝硬変

坂井田, 功(1955-)

最新医学社

4 図書 肝硬変

岡, 博(1929-)

金原出版

渡辺, 明治

メディカルレビュー社

日本肝臓学会

文光堂

房本, 英之

医薬ジャーナル社

織田, 敏次(1922-)

永井書店

浪久, 利彦(1923-), 西岡, 幹夫

日本医学館