Blank Cover Image

精神疾患モデルとしての糖鎖遺伝子改変マウスの解析

フォーマット:
論文
責任表示:
吉原, 亨 ; Yoshihara, Toru
言語:
日本語
出版情報:
2014-05-27
著者名:
掲載情報:
平成25(2013)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2013 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2011 – 2013
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学子どものこころの発達研究センター<br />本研究では,糖転移酵素に変異を持つ遺伝子改変マウスを用いた行動解析を端緒として,高次精神機能の障害やそれを一因とする精神疾患と脳内の糖鎖機能との関連について検討した.糖鎖修飾に重要な3つの遺伝子改変マウスを用いて実験を行い,1)糖タンパクの合成に関わるガラクトース転移酵素を欠損させたマウスにおいては,不安の減弱,社会性行動と注意機能の変化を見出した.2)糖脂質の合成に関わるガラクトース転移酵素を欠損させたマウスで は軸索変性によると推察される顕著な運動障害と発育不全,これらの障害はヒトの精神疾患,神経疾患と類似するものであり,病因理解,治療法の確立に有用なモデルマウスであることが明らかとなった.<br />In this study, we focused on the functions of glycosyltransferases that acts as key factors in behavioral regulators. To reveal the relationships between those glycosyltransferases and human mental / neurological disease, we employed several strains of gene mamipulated mice and behavioral, histological and biochemical strategies were used. As result, 1) the knockout mouse related to the glycoprotein formation showed enhanced anxiety and disturbance of attention / sensory gating. 2) the knockout mouse related to the glycolipid formation showed severe motor disfunction and developmental retardation that could be explained by axonal disorganization. Therefore these behavioral phenotypes observed in several gene manipulated mice have similarities in human mental / neurological disease, we could confirm that these model mice are useful for the understanding of human disease.<br />研究課題/領域番号:23700509, 研究期間(年度):2011-2013 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00059895
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

多久和, 陽, Takuwa, Yoh

金沢大学医薬保健研究域医学系

高松, 博幸, Takamatsu, Hiroyuki

金沢大学医薬保健研究域医学系

成瀬, 智恵

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

服部, 剛志, Hattori, Tsuyoshi

金沢大学医薬保健研究域医学系

吉岡, 和晃, Yoshioka, Kazuaki

金沢大学医薬保健研究域医学系

大黒, 多希子, Daikoku, Takiko

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University